プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

架空漫画『うろんミラージュ』ボイコミ化 出演は千葉翔也・鈴木崚汰・梅原裕一郎・杉田智和

『うろんミラージュ』のイラスト (C)篠原健太 /集英社の画像

『うろんミラージュ』のイラスト (C)篠原健太 /集英社

 週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ウィッチウォッチ』のコミックス第6巻が3日に発売されたことを記念して、作中に登場する度に話題を呼んでいる架空の人気漫画『うろんミラージュ』がボイスコミック化された。ジャンプ公式Youtubeチャンネル「ジャンプチャンネル」にて公開された。

【動画】人気声優が集結!ボイコミ化された架空漫画『うろんミラージュ』

 鬼の力を持つ『ウィッチウォッチ』の主人公・乙木守仁(おとぎ もりひと)と幼馴染の”ドジっ子”魔女・若月ニコ(わかつき にこ)。ふたりが通う高校の担任教師、真桑悠里(まくわ ゆうり)とクラスメイトで絵師として活動する嬉野久々実(うれしの くくみ)が推すヒット漫画として作中に登場するのが『うろんミラージュ』(初出は2巻収録・13話「教え子が推し絵師だった件」)。

 “魔物を退治する少年剣士たちを描いた学園バトルファンタジー”をうたい、曖昧なセリフ、煙に巻く演出が特徴で、決め台詞は「ざっくりいこうぜ」。不確かでうやむやなストーリー展開で、架空の雑誌「少年ジャガー」に連載中、という設定となっている。

 発売された6巻では、1話をまるごと『うろんミラージュ』として描き「週刊少年ジャンプ」掲載時に大きな話題をさらった48話「うろんミラージュ 第119話 ファジー討伐-4」も収録。ボイスコミックではこの伝説回を、主人公・秋月空(あきづき うつろ)役に千葉翔也、そのライバルかつバディの浪崎朧(なみさき おぼろ)役に鈴木崚汰、先輩の草間狭霧(くさま さぎり)役に梅原裕一郎、正体不明の男ザック・バラン役に杉田智和といった豪華声優陣が演じている。

 『うろんミラージュ』まるごと1話の他にも、表紙に描かれた乙木家の新たな同居仲間・吸血鬼の霧生見晴(きりゅう みはる)が巻き起こすハートフルな騒動や、一大イベント・文化祭でニコに忍び寄る不穏な気配など、ますます目が離せない『ウィッチウォッチ』6巻。”モイちゃん”こと守仁とニコ、そして愛すべき仲間たちが繰り広げる、大いに笑って時に癒されるドタバタコメディーに今後も注目が集まる。

■秋月空(あきづき うつろ)役:千葉翔也コメント
――出演が決まった時の気持ちと意気込み
「あの大人気作品に『まさか僕が』と嬉しかったです。考察を読むのが好きなので、僕が一足先に真実に辿り着いてしまうのが申し訳なくもありますが、胸の高鳴りを感じます。伏線なども意識し原作を読み込んで臨みます」
――役を演じてみての感想や収録時のエピソード
「熱血主人公は気持ちいいです。決め台詞『ざっくりいこうぜ』は口に出して初めて意味を体感しました。決めつけない優しさは世の闇を『ざっくり』切り捨てる強さに繋がるというメッセージ性。流石、先生です」

■浪崎朧(なみさき おぼろ)役:鈴木崚汰コメント
――出演が決まった時の気持ちと意気込み
「学生時代の僕の青春である『うろんミラージュ』に声優として携われることができるなんて、こんなに嬉しいことはありません。誠心誠意、朧と向き合っていこうと思います。よろしくお願いします!!!」

――役を演じてみての感想や収録時のエピソード
「収録は始まっているような、始まっていないようなざっくりした感覚で臨んでいます。朧は空のライバルであり、僕のライバルのような存在です。彼との格闘は僕の向上心を常に奮い立たせてくれています」

■草間狭霧(くさま さぎり)役:梅原裕一郎コメント
――出演が決まった時の気持ちと意気込み
「誰もが知っているかもしれない名作の、人気投票一位の狭霧を演じられるとは思っていませんでした。一生忘れられない仕事になることは間違いないだろうという予想は、あながち外れてもいないと思います。」

――役を演じてみての感想や収録時のエピソード
「いつ録ったのか、どこで録ったのか、収録のことはぼんやりとしか覚えていません。靄がかかったような空間であやふやに演じたら、ざっくりOKをもらえました。もっと狭霧を演じたいという気持ちが朧げに浮かんでいます。」

■ザック・バラン役:杉田智和コメント
――出演が決まった時の気持ちと意気込み
「答えが無いのが答え。しかしながら作品への向き合い方はしっかり決めて臨んでいます。」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ