プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

尚玄主演、映画『義足のボクサー』 BEGIN島袋が激賞「足跡がしっかり残っている映画だ」

映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』より (C)2022「義足のボクサー GENSAN PUNCH」製作委員会の画像

映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』より (C)2022「義足のボクサー GENSAN PUNCH」製作委員会

 プロボクサーとしてリングに立つ夢を追って沖縄からフィリピンへと渡った“義足のボクサー”の実話を映画化した『義足のボクサー GENSAN PUNCH』が、本日(3日)より東京のTOHOシネマズ日比谷にて先行公開される(10日から全国公開)。さらに先行すること5月27日より沖縄で公開され、その初日舞台あいさつの模様を収めた映像が到着した。

【動画】映画『義足のボクサー』沖縄初日舞台あいさつの模様

 本作は、義足のためプロボクシングライセンスが取得できない日本からフィリピンへと渡り、プロボクサーを目指した男の物語。国際派俳優として活躍する尚玄が、友人である土山直純氏の実体験を基に、8年もの歳月をかけて完成させた。監督は、『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』(2009年)で「第62回カンヌ国際映画祭」監督賞を受賞、『ローサは密告された』(16年)など、不条理な社会でもがきながら懸命に生きる人々を撮り続けてきたフィリピンのブリランテ・メンドーサが務めている。

 到着した映像は、尚玄の母校、那覇高校で行われた学生試写会で学生たちとセルフィを撮り、「頑張って下さい」と気さくにサインに応じる姿が映し出される。続いて、日本初上映を迎えたシネマQへ。初日舞台あいさつには、製作もつとめた主演の尚玄、土山氏、BEGINの島袋優、タレントの崎山一葉が登壇した。

 尚玄は「10年来の友人である土山直純くんから半生を映画化する承諾を得て、紆余曲折あり8年もかかってしまったのですが、このように沖縄から皆さんにお披露目することができて感激しています」と、あいさつ。製作もつとめて映画化に挑んだ彼は「俳優が企画を立ち上げて映画を作ることが日本ではまだ一般的ではない。だから映画を作ること自体が僕にとって挑戦で、ここでは言えないトラブルなどもあったが、本当に感無量です。僕の想いが詰まっている。何かを感じて欲しい」と、満員の観客に向かって熱く語った。

 ツアーの合間をぬって駆けつけたBEGINの島袋優は「この映画を観た後、良い言葉に出会った。砂浜の道は歩きづらい。アスファルトの道は歩きやすい。でも、砂浜の道は足跡が残る。(主人公の) 足跡がしっかり残っている映画だ」と、コメント。

 そして、15歳からボクシングを始めたという土山氏は、「プロになって10年、チャンピオンにもなれなかったけれど、(尚玄の尽力で映画化されたことで)応援してくれた人に違った形で恩返しができたかなとうれしく思います」と、言葉を寄せた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ