プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

橋本環奈が華麗に敵をなぎ倒す、映画『バイオレンスアクション』本予告解禁 主題歌は[Alexandros]

映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)(C)浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会の画像

映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)(C)浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

 俳優の橋本環奈が主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の本予告映像が解禁となった。この本予告内で初解禁となったのが、本作の主題歌。[Alexandros]の新曲「クラッシュ」だ。ハードなイントロとエモーショナルな歌詞が、ゆるふわ専門学生と殺し屋という二つの顔を持つ主人公の過激な日常を最高潮に盛り上げている。あわせて、個性豊かなキャラクター大集合の超カラフルメインビジュアルも解禁となった。

【動画】映画『バイオレンスアクション』本予告

 原作は、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による同名漫画。本予告では、「なるべく急ぎでお願いしたいんですけど」と依頼を受け、素手で、ナイフで、拳銃で華麗に敵をなぎ倒す、ピンクボブの主人公・菊野ケイ(橋本)が躍動する姿を見ることができる。

 「お待たせしました! ケイです!」と最高の笑顔であいさつをする彼女、実は、昼はどこにでもいそうなかわいらしい専門学生だが、夜は指名No.1の殺し屋アルバイトという二つの顔を持っていた。

 そんなケイに任された次なるバイトは、「裏切った組員を始末せよ」という巨大なヤクザ組織からの依頼だ。いつも通り順調にバイトをこなしていくケイだったが、ターゲットのテラノ(杉野遥亮)に辿り着き、驚きを隠せない。切ない表情を浮かべるシーンから二人の関係性も気になるところ。

 「金取り返してこいやぁ!!」と怒号を上げる三代目組長(佐藤二朗)が率いるヤクザの巨大な抗争にケイたちは巻き込まれ、「お前らはすでにスリーアウトだ」と淡々と話す最狂の殺し屋みちたかくん(城田優)も襲来。鉄パイプを高速で投げるテラノや、みちたかくんの拳で吹き飛ぶ大量の人々、その迫力のあるシーンに渡辺(鈴鹿央士)は「え”ぇ”ぇ”ぇ”ぇ”!」と驚愕。「どんな仕事でもやり遂げる」と真剣に語るケイと、「今すぐ死ね!」と激烈戦闘モードのみちたかくん。二人の殺し屋の因縁の対決の行方は!? 新次元の“脱力系”アクションエンターテインメントがついに幕を開ける。

 本作は、ソニーグループが開発した最先端の “ボリュメトリックキャプチャ技術”を日本映画で初めて採用。取り囲んだ数十台のカメラで撮影したキャストを3次元デジタルデータに変換することで、縦横無尽なカメラワークを実現し、迫力のアクションシーンを生み出している、とのことだ。

 メインビジュアルは、その“個性”を表すかのようにビビッドカラーでカラフルにデザインされたメインビジュアル。ド派手な色使いでインパクト大な仕上がりとなっており、その中でも特に目をひくのが、飲み物片手に拳銃を構えるピンクボブの女の子・菊野ケイの姿と、その背後から恐ろしい眼光で睨みつける最狂の殺し屋みちたかくんの姿だ。2人の殺し屋の因縁を示唆させる構図となっている。「この殺し屋、バイトのくせに超無敵(ハートマーク)」のコピーがあしらわれ、さまざまなキャラクターが入り乱れる史上最悪のバイトに立ち向かう意気込みが表現されている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ