プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

アカデミー賞ノミネートの堤大介監督、『あの花』岡田麿里と新作CGアニメーション

Netflixシリーズ『ONI:神々山のオナリ』(全4話)全世界独占配信の画像

Netflixシリーズ『ONI:神々山のオナリ』(全4話)全世界独占配信

 「第87回アカデミー賞」(2015年)にノミネートされた短編アニメーション『ダム・キーパー』を手がけた堤大介監督の新作CGアニメーション『ONI:神々山のオナリ』(全4話)がNetflixにて全世界独占配信される。脚本は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがっているんだ。』などの岡田麿里。元ピクサーのロバート・コンドウと堤が設立したアメリカのアニメーションスタジオのトンコハウスが制作する。

【動画】Netflixシリーズ『ONI:神々山のオナリ』ティーザー予告編

 本作は、日本の民話の世界観がモチーフにした、“ふしぎさ”と“優しさ”にあふれた物語。舞台は、日本神話に登場する変わり者の神さまや妖怪たちが暮らす世界。そこで自由奔放に生きる、風変わりな主人公のおてんば娘、おなり。古くから伝説として語り継がれている“偉大な英雄”に憧れていて、次の英雄になるため毎日せっせと稽古に励むおなりだが、父のなりどんはヘンテコな神様で、なぜか何も教えてくれない…。そんな中、古来から山の神々が恐れてきた「ONI」の脅威が迫り来る。果たして、おなりは平和な山を守ることができるのか?そして、憧れの英雄になることはできるのか。

 解禁された初映像では、謎に包まれた「ONI」との“遭遇”が描かれる。冒頭から、堤が創造した壮大な世界が映し出され、一目で本作特有の幻想的な物語の魅力が伝わってくる。神秘的な山々を天狗や河童、ダルマたちが不穏な気配に気づいて駆け巡っていると、そこに現れたのは、「ONI」だった。

 併せて解禁となった場面写真では、天狗たちと相まみえる「ONI」の姿を捉えている。もふもふの髪の毛で丸みを帯びた体つきをしており、可愛らしさも感じさせる「ONI」だが、果たしてその素顔とは?

 2007年からピクサーでアート・ディレクターとして活動した経験を持つ堤。本作は、堤の個人的な過去の体験に迫った物語になっている。「この2つの世界の狭間に生きる少女の物語は、僕自身の人生のストーリーに紐付くお話としてスタートしました。でも制作が進み、関わってくれた多くのメンバーが、このストーリーにそれぞれのパーソナル・ストーリーとして共感し、情熱を注いでくれました」と、本作に込めた想いを丁寧に打ち明けた。

 そんな物語を彩るボイスキャストには、Netflix の青春ドラマ『ベビーシッターズ・クラブ』で主演を務めるなど若手最注目株のモモナ・タマダをはじめとし、アーチー・イェーツ、クレイグ・ロビンソン、タントゥー・カーディナル、ブリタニー・イシバシ、オマー・ミラー、アンナ・アカナ、シャーレット・タカハシ・チュンらが参加。さらに、『HUNTER×HUNTER』のクラピカ、『鬼滅の刃』の堕姫などで知られる沢城みゆきが英語版キャストとして参加する。

 実力派揃いかつ多彩な魅力を持つボイスキャスト陣について、堤は「英語版の声優として参加してくれた役者さんたちは、僕がダメで元々リクエストだったドリームキャスト。まさかその一人一人が受けてくださるとは夢にも思ってませんでした。彼らもまた、同じようにこの作品に対して情熱を持って向きあってくれ、このユニークなキャラクター達に命を吹き込んでくれました」と、信頼と自信を語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ