プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

A.B.C-Z戸塚祥太、共演・内博貴から「錦織一清イズム」賞賛 本人は“小物感”に手応え

舞台『フォーティンブラス』取材会に出席した(左から)戸塚祥太、内博貴 (C)ORICON NewS inc.の画像

舞台『フォーティンブラス』取材会に出席した(左から)戸塚祥太、内博貴 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が2日、東京・自由劇場で行われた舞台『フォーティンブラス』取材会に、共演の内博貴と登壇した。前作から1年ぶりの再演となり、ともに続投する戸塚の進化について、内は「本当に、この役にドハマりしてる」とし、「わかりやすくいうと錦織一清イズムを継いでる。お芝居で。錦織さんファンの人だったらわかる」と賞賛。戸塚は「錦織さんファンの人わかりますか!?」とカメラに向かって呼びかけ、笑いを誘った。

【舞台写真】向かい合って見つめ合う内博貴&戸塚祥太

 “フォーティンブラス”とは、長い『ハムレット』の物語の中で2回だけ登場する“脇役”。それを演じる脇役俳優にスポットライトを当て、演じる俳優の視点から劇作家・横内謙介氏が1990年に書き下ろした。戸塚が脇役中の脇役・フォーティンブラスを演じる若手俳優・羽沢武年、内がハムレット演じる傍若無人な憎らしいスター俳優・黒沢正美を演じている。

 舞台上ではぶつかり合う2人だが、内は「観ていて、楽しい。一緒にやっていても楽しいですし、僕もお客さんと同じ感覚で袖(そで)で楽しんでる。ステージでは暴君ですけど、袖では爆笑してますから。それくらい彼のお芝居が好きです」と大絶賛。共演の矢島舞美も「内さんはとっつーさんが大好き。ずっととっつーさんの演技でフフッフフフッて笑ってる。毎回、稽古場でも(戸塚が)絶妙な動きをしてるんですけど、誰よりも笑っている」と証言するほど。

 戸塚は「ずっといるんですよ、袖に…心強い限り」と苦笑しながら、内の芝居について「暴君ぶりがパワーアップ。さらに暴君になっていて自然と引っ張られて、それぞれのキャラクターの幅が広がっていった感じがします」とアピール。内が「体もデカくしてきたのでよりいっそうそう見えたらいいな。脱いだらまぁまぁイイ身体してます」と胸を張ると、戸塚は「脱いでくれるんですかね」と思わせぶりにうなずいていた。

 また、「脇役、ちょい役の配役。稽古中、演出の中屋敷さんから『よりいっそう小物感が出てる』と言われたので(内演じる)スターとの差を出せれば」と意気込む戸塚は、この1年の手応えを聞かれ「小物感ですかね、やっぱり」と納得。「でも日々、生活しているなかでおもしろい人たちと会ったりものを摂取していたのでそういうのが自然とでているのでは。自分というよりは、お客さまにすべて委ねたいと思います」と呼びかけていた。

 このほか、この日は能條愛未、演出の中屋敷法仁も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ