プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ソー:ラブ&サンダー』「ガーディアンズ」も参戦 “神殺し”のゴア役は子安武人

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)日本版声優の画像

マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)日本版声優

 マーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)の主要キャラクターを演じる日本版声優陣が発表された。三宅健太(ソー)、坂本真綾(ジェーン)、沢城みゆき(ヴァルキリー)の続投に、「ガーディアンズ」から山寺宏一(ピーター・クイル)、加藤浩次(ロケット)、遠藤憲一(グルート)、秋元才加(マンティス)が参戦。そして、新たに最強最悪の敵“神殺し”のゴア役は子安武人が担当する。

【動画】『ソー:ラブ&サンダー』本予告

 舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界――。最凶最悪の敵サノスによって人類の半分が消し去られた世界で、失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超えた戦いに身を投じたソー。生死を巡る激闘を繰り広げた末、サノスを倒し人類を救うという“奇跡”を起こし、マーベル史上最大の大戦を勝ち抜いた。

 だが激闘後、ソーは多くの仲間を失い、戦いを避けるようにガーディアンズと地球を後にしていた…。そんなアベンジャーズBIG3・最後の一人となった雷神・ソーの吹替を担当し続けている三宅は「ソーです。ソーなんです。マイティ・ソーが再びスクリーンに帰ってきます。『エンドゲーム』の後、ガーディアンズのメンバーと旅立ったソーがどんな活躍を見せるのか、今からワクワクが止まりません」と本作への意気込みを語っている。

 そして、予告映像に登場し大きな話題となった、ソーの元恋人のジェーンの声は、『スター・ウォーズ』エピソード1〜3、『ブラック・スワン』などでもナタリー・ポートマンの声を演じてきた坂本が続投。「まさかこうした形で『ソー』シリーズに帰って来られるとは思っていなかったので、ものすごく意外で、ものすごく嬉しいです! 久しぶりのソーとの再会と新しい仲間たちとの共演に今からワクワクしています」と再びのジェーンの声を演じられることに喜びのコメントを寄せる。

 またニュー・アスガルドの新たな王となった女戦士ヴァルキリー役を演じる沢城は「ヒーローのはずなのにどこか隙がある…ありすぎるソーが大好きです。そんなソーに、思わずやれやれとジト目になってツッコんでしまう部分が1番ヴァルキリーとシェアできたところかもしれません」と、役への思い入れを覗かせる。

 さらにソーと行動をともにするガーディアンズメンバーは、山寺、加藤、遠藤、秋元らが続投。本作でも最高のノリと掛け合いで観客を楽しませてくれるに違いない。

 そんな声優陣が演じるキャラクターたちとは対照的に邪悪な存在感を見せる新たなヴィラン、神々の殲滅を目指す最強最悪の敵”神殺し“ゴア役に決定した子安は、「不気味な見た目だけでなく。“神殺し”という恐ろしい異名をもったゴアとして、マーベル作品に出演することができること、そして2人のソーを相手にどんな展開が描かれるのか、公開を待ち望んでいるファンのみなさんと同様にワクワクする気持ちでいっぱいです!」と、強い意気込みを伝えている。

■三宅健太のコメント(全文)

 ソーです。ソーなんです。マイティ・ソーが再びスクリーンに帰ってきます。『エンドゲーム』の後、ガーディアンズのメンバーと旅立ったソーがどんな活躍を見せるのか、今からワクワクが止まりません。ノープランな雷神ソーの活躍、是非お楽しみください。

 そう、ソーは楽しいんです。そう、ソーは熱いんです。そう、ソーはちょっと可愛いんです。早く見たい? ソーでしょう、ソーでしょう。愛の雷は誰にも止められソーにない!! お楽しみに!!

■坂本真綾のコメント(全文)

 まさかこうした形で「ソー」シリーズに帰って来られるとは思っていなかったので、ものすごく意外で、ものすごく嬉しいです!久しぶりのソーとの再会と新しい仲間たちとの共演に今からワクワクしています。

 新しいマイティー・ソーを演じられるナタリー・ポートマンさんの美しさももちろんですが、今回ヒーローとして戦う彼女のかっこいい姿にも是非注目していただけたら嬉しいです。

■沢城みゆきのコメント(全文)

 ヒーローのはずなのにどこか隙がある…ありすぎるソーが大好きです。そんなソーに、思わずやれやれとジト目になってツッコんでしまう部分が一番ヴァルキリーとシェアできたところかもしれません。しかしながら! ここぞと言う時にはやっぱりその背中に問答無用でついて行きたくなるヒーローのソー。今回、再びそんなカッコいい姿を見られるのか…!(予告を見る限りではジェーンの方がカッコ良さそう!?)今から楽しみにしています。前回なんと王となったヴァルキリーにも、ぜひご注目ください!

■子安武人のコメント(全文)

 不気味な見た目だけでなく。“神殺し”という恐ろしい異名をもったゴアとして、マーベル作品に出演することができること、そして2人のソーを相手にどんな展開が描かれるのか、公開を待ち望んでいるファンのみなさんと同様にワクワクする気持ちでいっぱいです!

 皆さんが期待するような、その期待を超えるような迫力満点のバトルに期待したいです。ソーだけでなくゴアの活躍にもぜひご期待ください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ