プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

NEWS加藤シゲアキ『脱力タイムズ』で見せる新たな一面に自信「イメージが覆るんじゃないかな」

『全力!脱力タイムズSP』に出演する(左から)藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、加藤シゲアキ(NEWS) (C)フジテレビの画像

『全力!脱力タイムズSP』に出演する(左から)藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、加藤シゲアキ(NEWS) (C)フジテレビ

 人気グループNEWSの加藤シゲアキが、3日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズSP』(毎週金曜 後11:00)に出演する。70分の拡大スペシャルとなる今回、ゲストコメンテーターとして、加藤とオリエンタルラジオ・藤森慎吾が登場する。

【写真】オリラジ藤森慎吾と加藤シゲアキのコンビネーションにも注目

 オープニングでは、解説員の吉川美代子が、作家としても活躍する加藤のファンであることを明かす。加藤の最新小説『オルタネート』を手にしながら、「情景描写が素晴らしい」「文体にリズム感がある」と、“小説家”としての魅力を熱弁。そんな吉川の賛辞の数々に、加藤が喜びをあらわにする中、解説員の出口保行が突然、「藤森さんの本もすばらしかった」と、ある書物を紹介。藤森はみるみる冷や汗をかき始める。果たして、「心理描写が見事」と、出口が絶賛するその本とは。

 特集のテーマは、「知っておきたい!正しいトラブル対処法」。この春から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことに伴い、新成人はクレジットカードや賃貸住宅の契約なども保護者の同意なしにできるようになった。その一方で、新成人を狙った悪質商法のトラブルが急増することを懸念する声も上がり始めている。

 しかしこの時代、トラブルに巻き込まれるのは新成人に限ったことではない…というわけで、これまでさまざまな社会のトラブルを解決してきた弁護士・清原博氏をスタジオに招き、身近に潜むトラブルへの正しい対処法を徹底解説していく。

 清原弁護士は、「空き巣に入られたとき」「子どもが学校でケガをしてきたとき」といった日常で起こりうるトラブルの実例を挙げ、それぞれの対処法のポイントを詳しく紹介。さらに、「帰宅したときに部屋が空き巣に荒らされていたら…」といった各トラブルのシチュエーションを別室に再現し、脱力メンバーが、自分ならその状況にどう対応するのかを実演していくことに。しかしここから、藤森も驚きの予測不能な“トラブル”が巻き起こる。

 さまざまな日本の匠(たくみ)の技に迫る「日本技術遺産」では、夏の風物詩として夜空を彩る“打ち上げ花火”を紹介。江戸時代から受け継がれてきた花火職人の伝統技術を、あのがナビゲートする。加藤はまさかの大熱演を繰り広げ、藤森は想定外の事態に「おいおい、ダメだよ~!」とクレームを連発する。

■加藤シゲアキ(NEWS)インタビューコメント

――2020年4月2日の放送以来、2回目のゲスト出演となりますが、今回の収録はいかがでしたか。

「前回はセリフ量が多くてなかなか大変だったので、今回、もうちょっとセリフが少なくなったらいいなと、ひそかに期待していたんですが、上がってきた台本を見て…びっくりしてしまいました(笑)。完全に当てが外れましたね(笑)。でも結果的には、楽しく収録に臨むことができましたし、有田(MCのアリタ哲平こと有田哲平)さんをはじめ、共演者の方々が僕の芝居を見て喜んでくださっていたようなので、とりあえず今、安心しています」

――達成感はありましたか。

「う~ん、達成感といえるほどの手応えはないかもしれませんね。結局、有田さんたちに助けていただきながら、なんとかうまくいった、という感じなので。放送を見るのが楽しみでもあり、ちょっと怖くもあり(笑)、というのが正直なところです」

――ゲストの藤森慎吾さんの印象は?
「藤森さんとは、連携プレーみたいなこともできましたし、すごくナチュラルにやりとりできたような気がしますね。これまでも何度か共演させていただいたことはあるんですが、今回ご一緒したことで少し距離が縮まったような気がしています。チーム感とライバル感、相反する気持ちを同時に感じた、というか(笑)」

――では、MCの有田さんの印象は?

「いつもの『脱力タイムズ』のアリタキャスターのイメージとは違って、今回は、とにかく笑顔が多かった印象ですね。収録が終わったときも、『今日は70分スペシャルだけど、それ以上の撮れ高があった』とおっしゃっていて。『70分に収まるかな?』と楽しそうに話されていたので、自分も少しは貢献できたのかなと思えて、うれしかったです」

――今回の『全力!脱力タイムズSP』の見どころを教えてください。

「あまり詳しくお話しできないのがもどかしいんですが(笑)、番組中に流れる、ある“歌”は必聴です!とにかく絶対に聴き逃さないでください(笑)。また僕自身に関しては、今までテレビではあまり見せたことのない姿を見せられたかなと思うので、そこにもぜひ注目していただけたら。僕のことをあまり知らない人が見たら、イメージが覆るんじゃないかなと思います(笑)」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ