プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ティモシー・スポールが歌う「アメイジング・グレイス」本編映像解禁

映画『君を想い、バスに乗る』6月3日より全国順次公開 (C) Last Bus Ltd 2021の画像

映画『君を想い、バスに乗る』6月3日より全国順次公開 (C) Last Bus Ltd 2021

 昨年夏にイギリスで公開された映画『君を想い、バスに乗る』(6月3日より全国順次公開)より、物語の鍵となるシーンの一つ、主演のティモシー・スポールが「アメージング・グレース」を歌う場面の本編映像が解禁となった。

【動画】ティモシー・スポールが歌う「アメイジング・グレイス」が沁みる

 本作は数々の映画祭での受賞・ノミネート歴を誇る名監督として評価されるギリーズ・マッキノン監督の最新作。最愛の妻を亡くした90歳のトム・ハーパー(ティモシー・スポール)が、50年暮らした家を離れ、イギリス旅行者憧れの聖地“ランズエンド”に向かって壮大な旅に出る。道中で出会う雄大な景色や、イギリスを代表する俳優たちが演じる人々と紡ぎ出す愛の物語だ。

 特殊メイクなしで実年齢より30歳近く年老いた主人公・トムを演じたティモシー・スポールは、同年イタリアで開催されたバーリ国際映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞した。トムの最愛の妻・メアリーを演じたのは、人気テレビシリーズ『ダウントン・アビー』でミセス・ヒューズ役を演じたフィリス・ローガン。

 解禁となった本編映像は、ティモシー・スポ―ル演じる主人公・トムが、とあるバス停で「アメイジング・グレイス」を歌うシーン。深夜のバス停でバスを待つ中、バチェロレッテパーティーを終えた女性グループと、スポーツ観戦を終え、興奮冷めやらぬ様子の男性グループが、お互いを意識し合ってそれぞれ挑発し合うように歌いだす。

 図らずも間に挟まれたトムと、偶然トムの隣に居合わせた男性も歌を歌わされることに。隣の男性が「♪Amazing grace how sweet the sound~」と歌いだすと、一度はためらったトムだったが、どうしてもと乗せられて一緒に口ずさむ。

 はじめは動画を撮りながら笑っていた男女も、いつしかトムの歌声に聴き入っていく。トムが「♪(日本語訳)多くの危機 苦労 誘惑を通して 無事に神へと近づくことができた すべては神の恵みのおかげ 我々を故郷へと導くのは神のみ~」と、自分の人生になぞらえるように感情を込めて歌う姿は、周りにいた若い男女たちだけでなく、観客をもひきつける。

■80代の老人役、ヘアメイク&演技でカバー

 また、特殊メイク無しで実年齢より30歳近く年老いた人物を演じたティモシー・スポ―ルの役作りについて語るティモシー・スポ―ルと、ギリーズ・マッキノン監督のインタビュー映像も公開されている。

 「ロケ地でティモシーの顔を見た時、彼をどうやって80代に見せようか?」と真っ先に考えたというマッキノン監督。だが、ヘアメイクアップアーティスト クリスティーン・カントの素晴らしい技術と、ティモシー・スポ―ルの鋭い観察眼によって体現された演技によって見事にその疑念を払拭することができたという。「ロケ地に着いた頃は60代の顔だったのに、撮影時にはすっかり年配者の姿になっていて驚いた」と、マッキノン監督は撮影当時を振り返る。

 ティモシー・スポ―ルも「僕はもう60代だから多少は体が衰えてる。その衰えを強調すれば年配者に見せるのは可能だと思った」とあっけらかんと笑い飛ばし、体の動きや姿勢、話し方はもちろん、表情は内側から表現できるものだと簡単に言い切る姿に、英国を代表する性格俳優である彼の凄みを感じさせられる。

 撮影期間中は綿密に話し合いを重ね、細かな役作りをして臨むことができ、お互いに良い現場だったと語る様子に、撮影現場の雰囲気の良さが作品に滲み出るような、温かい映画に仕上がった本作の背景を感じ取ることができるインタビュー映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ