プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

森迫永依『ナンバMG5』で森本慎太郎の初恋相手に キャバクラで働く“訳あり女性”を熱演

ドラマ『ナンバMG5』に出演する森迫永依(C)フジテレビの画像

ドラマ『ナンバMG5』に出演する森迫永依(C)フジテレビ

 俳優・間宮祥太朗が主演を務める、フジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)の第8話(8日放送)に、俳優の森迫永依が出演することが6月1日、決定した。大丸大助(森本慎太郎/SixTONES)の中学校の同級生で初恋の相手水野友美(みずの・ともみ)を演じる。久しぶりに再会した2人だったが、彼女は中学校時代から一変、派手な雰囲気になっており、夜のキャバクラで働いていた。

【場面写真】大丸の初恋相手…キャバクラで働く訳あり女性を熱演する森迫永依

 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。

 森迫が演じる水野は、剛のツレ(友人)の大丸(森本)が中学校時代に思いを寄せていた初恋の相手だ。ある日の夜、大丸が剛と伍代直樹(神尾楓珠)と3人でボウリングに行こうと盛り上がっているところ、偶然水野とすれ違う。彼女が向かったのは、キャバクラが入った雑居ビルだった。「なぜこんなことを?」と質問攻めにする大丸に、最初は「関係ない」と突っぱねた水野だったが、夜の仕事をしなければならない理由を語り始める。それを聞いた大丸は、いても立ってもいられず…。

 森迫は、2002年から子役として活動し、ドラマ『あした天気になあれ。』(日本テレビ系)など数々の作品に出演。2006年には実写版『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で主役のまる子役を演じてブレイクし、以後、ドラマ、映画、CMと活躍の場を広げている。森迫と森本の共演は、『幽かな彼女』(2013年・カンテレ・フジテレビ系)で幼なじみとして出演して以来、およそ9年ぶりとなる。

 今作で森迫は、今まで見たことのない雰囲気に。ショートパンツに濃いめのメイクで、訳ありのキャバクラ嬢を熱演する。果たして、大丸は、中学校時代に憧れていた女性のピンチを救うことができるのか。

■森迫永依コメント

――オファーを聞いたときの率直な感想は?
「楽しく見ていたドラマなので、その一員として出られることがとても光栄でした。また、大丸大助演じる森本慎太郎さんとは、約9年前にも幼馴染役として共演させていただいていたので、また今回ご一緒できてうれしかったです」

――水野友美を演じてみた感想と視聴者へのメッセージ。
「キャバクラ嬢の水野、普段の水野とふたつの水野を演じる必要があったので、なるべくギャップを作りたいなと思い、その工程がとても楽しかったです。監督と相談し、原作の水野像を守りつつ少しアレンジも加えたので、原作ファンの方も楽しんでいただけるのではないかなと思います!」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ