プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

朝倉未来“地上波不要論”の真意説明「なくていいと言ってるわけじゃない」現実を捉え未来の格闘技界への提言

朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.の画像

朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.

 格闘家の朝倉未来が1日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。格闘家の那須川天心と武尊による“世紀の一戦”が行われる『THE MATCH 2022』(6月19日・東京ドーム)のフジテレビ中継が突然中止となったことについて、「地上波って今そんな大事かな」とツイートしたところ、思わぬ誤解を生んだことから発言の真意を説明した。

【写真】クレベル・コイケ、朝倉未来の“リベンジ戦要求”を一蹴「順番待ってて」

 未来は1日の朝、「地上波って今そんな大事かな 大会の中で1番の視聴率とった事あるけど YouTubeの2、300万再生と同じレベルの反響だった気がする」と地上波の影響力に疑問を呈し、「どこで放送してても見られると思うんだよな結局 今はそういう時代」と持論を述べた。

 この発言が「けっこう炎上しまして。真意が伝わってないので」と動画で説明することに。地上波不要論をつぶやいた一番の理由は「もうなくなったという現実があるから。地上波が決まってるにも関わらず『なくていい』と言ってるわけじゃなく、なくなった現実が発表されたから、そこまで必要じゃないのでは、という俺の意見」と、最初から不要というわけではなく、放送がなくなった現実に対して前向きに捉えるための提言だったと伝えた。

 地上波放送の必要性は「視聴者としては当然だと思う。武尊くんも天心くんも地上波でやることを望んでいたのに、その予定がなくなったのは運営の悪い部分。そこに違和感を持っている人は多いと思うし、そこは賛同する」とショックを受けてる人に理解を示したが、それでも「格闘家目線、興行主目線では、地上波はなくなった方がいい」と断言した。

 その理由は、海外で格闘技視聴の主流となっているPPVが、これを機に日本でも普及するのではという期待からだった。地上波放送は無料で見てもらう“宣伝”要素が大きいが、格闘技の人気が広まってきた現在は「もうやる必要がない。お金を払ってくれるお客さんが集まってくれるし、いいものは確実に広まる時代」と分析する。

 また、「PPV思考に切り替えない限り、格闘技の未来はない」と言い切る。現在は格闘技だけで生活できている選手は「数パーセント」で、多くの選手は仕事をしながら格闘技に取り組んでいる業界の実情を明かし、「環境が良くないから日本人は勝てない。PPV文化に変わったら、選手に入るお金が確実に増える。そうなると格闘家一本で食べていける人も増えてレベルが上って、世界で戦える人も増えてくる」と訴えた。

 「このままずっと無料で地上波でやってたら、選手が育たない。選手にお金が流れる仕組みにしないと、日本の格闘技に未来はない」と強調。そして、改めて「この試合を機にPPVに移行したらいいと思った」と、“地上波不要論”発言の真意を説明した。

 この動画にファンからは「動画で話してもらった方が気持ちが伝わりやすいと思います」「未来さん発言も地上波無くなってからなので理解できます」「言われていることは説得力あるなと思いました」と賛同する声や、「この試合は地上波で放送して、もっと格闘技に興味がある人口を増やしてppvに誘導した方が選手のためにもいいと思う」「新規ファンとか初めて見る人には敷居が高いよね」と地上波は重要だと考える声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ