プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中美佐子、事務所所属を報告「新たな環境の下、頑張っていきたいと思えた場所でした」

田中美佐子 (C)ORICON NewS inc.の画像

田中美佐子 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中美佐子(62)が1日、自身のインスタグラムを更新。漫画家・蛭子能収や俳優・小日向文世らが在籍する芸能プロダクション「ファザーズ コーポレーション」に所属することを報告した。

【写真】海辺でのさわやかショットで報告した田中美佐子

 田中は「こんばんは皆様ご無沙汰しております」とあいさつし「本日6月1日より私田中美佐子は『ファザーズ コーポレーション』に所属させていただくこととなりました」と発表。

 「平成が終わり令和元年の年に独立させていただき、ここまで一人でやってきましたが、とてもいい出会いがありました。また新たな環境の下、頑張っていきたいと思えた場所でした」と明かし「皆様これからもどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 続けて「ここまでの約4年間、お仕事ご一緒させていただいた方々には心から感謝いたします。至らぬ点も多々ありました。一人では決めかねることもアドバイスをいただいたり、たくさん助けていただいたりしました。ありがとうございました
」と感謝。

 「相談に乗ってくださった方々にも心からお礼を申し上げます。私を影で支えてくれた方、ものすごくありがたかったです。(いつも電話で話を聞いてくれて、進む道を示してくれてありがとう)ゆっくりと頑張ります!」と決意を新たにした。

 田中は、島根県出身。TBSによる俳優養成所『緑山私塾』の第1期生で、ドラマや映画出演など順調なデビューを果たす。その後、一時休業。演技派女優として多くのドラマ、映画、舞台で活躍する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ