プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

BTS、ホワイトハウスへ表敬訪問 バイデン米大統領と笑顔で“指ハート”

BTSがホワイトハウスでバイデン米大統領と歓談 笑顔で指ハートも(C)TheWhiteHouseの画像

BTSがホワイトハウスでバイデン米大統領と歓談 笑顔で指ハートも(C)TheWhiteHouse

 韓国の7人組グループ・BTSが、韓国アーティストとしては初めてホワイトハウスを表敬訪問し、ジョー・バイデン米大統領と約35分間にわたって歓談した。

【写真】ホワイトハウスでスピーチをするRM

 BTSは現地時間5月31日午後3時(日本時間1日午前4時)、ホワイトハウス執務室でバイデン大統領と対話した。バイデン大統領とBTSは、アジア系に対するへイトクライムとインクルージョン、最近の韓国訪問などについて話し合った。今回の訪問はホワイトハウスが「アジア系米国人・ハワイ原住民・太平洋島諸島民(AANHPI)文化遺産継承月間」を締めくくるためBTSを招請して実現した。

 バイデン大統領は最近のアジア系へのヘイトクライムなどに言及し「憎悪」をテーマに話題を投げかけ、「善良な人が憎悪について話し、どれほど悪いのかを話せば、憎悪は次第に減る」と説明。「人々は皆さん(BTS)が言うことに耳を傾ける。そして皆さんがすることはすべての人々に善良なこと」と活動を評価し、「これは皆さんが持つ(芸術的)才能のためではなく、人々と疎通するメッセージのためであり、これが重要な点」と話した。

 BTSはバイデン大統領が最近署名および発効した「アジア系ヘイトクライム対策法(COVID-19 HATE CRIMES ACT)」に対して感謝を表し、「アジア系を対象にしたヘイトクライムの解決策を探すために私たちも小さな力であってもできることを願う」と応えた。歓談を終えるとバイデン大統領は、BTSに大統領記念コインをプレゼントした。

 これに先立って、BTSはホワイトハウスのブリーフィングルームを訪れ、約100人の記者団の前でホワイトハウス訪問の目的と感想を伝えた。ホワイトハウスのカリーン・ジャン=ピエール報道官は、「韓国から来た特別なお客様を歓迎することができてうれしい。彼らは『グラミー賞』受賞候補に上がった世界的アイコンであるだけでなく、尊重と肯定メッセージを伝える若いアンバサダー」と記者たちにBTSを紹介した。

 BTSは英語と韓国語を織り交ぜながら一人ひとりあいさつ。リーダーのRMは「今日ホワイトハウスに招請され、アジア系へのヘイトクライムトインクルージョン、そしてダイバーシティについて議論する席を持つことになり、大きな光栄」と話した。

 JINは「今日は『AANHPI Heritage Month(アジア系米国人およびハワイ・太平洋諸島民の文化遺産継承月間)』の最終日。私たちはAANHPIコミュニティと志を共にし、記念するためにホワイトハウスに来た」と訪問目的を明らかにし、JIMINは「最近アジア系を対象にした多くのヘイトクライムに驚き、心が痛かったが、このようなことが根絶されるのに少しでも役に立つために今日この場で声を出そうと思う」と伝えた。

 J-HOPEは「私たちの音楽を愛してくださる、多様な国籍、言語、文化を持った私たちのファン、ARMYの皆さんがいらっしゃったので私たちが今日この場に来られたと考え、本当に感謝する」と全世界のファンに伝え、JUNG KOOKは「韓国人の音楽が互いに異なる言語と文化を越えて全世界の多くの方々に届くということがまだ不思議だ。このすべてを連結してくれる音楽は、本当に立派な媒体」とコメントした。

 続けてSUGAは「私と違うからといって、それは間違ったことではない。『正しくない』ではなく『違いを認める』ことから『平等』は始まると考える」と強調。Vは「我々は皆それぞれの歴史を持っている。今日、一人ひとりが意味のある存在としてお互いに尊重し、理解するためのもう一歩になることを願う」と話し、RMは「重要な問題について共に話し、私たちがアーティストとして何ができるかを考える機会を作ってくださったバイデン大統領とホワイトハウスに感謝申し上げる」と締めくくった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ