プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『青天を衝け』草なぎ剛“慶喜”、ギャラクシー賞・個人賞受賞に歓喜「快なり!」 堤真一“円四郎”と再会 

『第59回ギャラクシー賞』贈賞式に出席した(左から)草なぎ剛、堤真一 (C)ORICON NewS inc.の画像

『第59回ギャラクシー賞』贈賞式に出席した(左から)草なぎ剛、堤真一 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の草なぎ剛が、放送批評懇談会が選定する『第59回(2021年度)ギャラクシー賞』のテレビ部門において、この1年最も輝いた人として個人賞に輝き、1日に都内で行われた贈賞式に出席した。NHK大河ドラマ『青天を衝け』(2021年)において「強く心に残る徳川慶喜像」をみせたことで受賞。草なぎは「快なり快なり! ありがとうございます! うれしいです!」と喜びを爆発させた。さらにサプライズゲストとして慶喜の家臣・平岡円四郎を演じた堤真一も登壇し、久々の2ショットをみせた。

【動画】仲良く見つめて照れ笑いする萩原利久&八木勇征

 草なぎは「まだ『快なり』が続いているんだなと。テレビ大好き!」と笑わせながらも「もう感謝の言葉しかない。僕の力一人ではない。当たり前ですが出演者がいて、たくさんのスタッフの方がいて、お芝居しやすい環境をつくっていただき、ぼくは慶喜という役と戯れて遊んでいた感じです」としみじみ。「僕だけいただいちゃって(主演の)吉沢亮くん、ごめんね。堤さんすいません」と冗談めかした。

 すると、サプライズで堤がステージへ登場。草なぎは「よかった! 僕知らないで堤さんの名前出しましたから」と驚きながらも堤と固くハグ。堤は「慶喜のイメージを変えてくれた。淡々と抑えた演技で知性と強さを表現できたすばらしい慶喜だったと思います」と称えると草なぎは「ありがとうございます、今後もよろしくお願い致します」と深々と頭を下げて感謝した。

 円四郎の最期には“ロス”とされるほど大きな反響が寄せられたが“慶喜”との再会に、「本当に今後ともついていきますので着いていきますのでよろしくお願い致します!」と約束。草なぎも「こちらこそよろしくお願い致します!」と応えた。かねてから親交ある2人だが堤は「草なぎくんは昔から変わらない。ひょうひょうとした感じ。結婚して落ち着いた部分はあるかな、と思いつつ、さっきのスピーチでは、慶喜さんって誰? みたいな。変わらないな、と」と苦笑した。

 なお、受賞理由について「内面がにじみ出る表情や静かに抑制されたセリフなど、草なぎさんの繊細な演技により、これまで光を当てられることが少なかった謎多き江戸幕府最後の将軍がひとりの人間として立ち上がりました。『慶喜はこういう人だったのかも』と思わせ、後世に残る徳川慶喜像を作り上げた見事な表現力に敬意を表し、個人賞を贈ります」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ