プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

那須川天心「最後なんだ これで終わりなんだ 頼む」武尊戦の地上波中継へ“魂の叫び”

『THE MATCH 2022』地上波放送への思いを訴えた那須川天心 (C)ORICON NewS inc.の画像

『THE MATCH 2022』地上波放送への思いを訴えた那須川天心 (C)ORICON NewS inc.

 格闘家の那須川天心が1日、自身のインスタグラムを更新し、武尊との“運命の一戦”が行われるビッグイベント『THE MATCH 2022』(6月19日・東京ドーム)の地上波中継の中止について、切実な思いをつづった。

【動画】突然の出来事に悲しい表情を見せる榊原信行氏

 同大会はフジテレビでの生中継が決定したが、昨日5月31日にフジテレビが公式サイトで「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせいたします」突然発表。天心はすぐにツイッターで「お金の為じゃねえんだよ 未来の為にやってんだよ 子供達はどうすんだよ」と怒りをあらわにした。

 突然の騒動に多くのファイターやファンから困惑の声が上がるなか、天心が再びSNSでコメントを発表。「たまたまつけたテレビで人生が変わることもあるし 俺は地上波で格闘技を見てキックボクシングを始めた だから最後は絶対にテレビでやらないと恩返しが出来ない この試合を見て格闘技を始める人、何でもいいから何かを始める人 沢山居ると思う そのきっかけになりたい」と思いを吐露。

 続けて「確かに時代はネットやYouTubeかもしれない PPVでやれば沢山のお金が稼げるのかもしれない けれどそんなのはどうでもいい 目先のお金なんてちっぽけだし 俺はお金の力には負けたく無い この試合は沢山の子供達、未来のある人達、より多くの人に観てもらいたい それには地上波しか方法は無い」と、自身のことよりも未来の格闘技界のために地上波放送の必要性を訴えた。

 さらに「もし地上波でやらないのであれば俺はもうやめてもいいと思ってる」と試合そのものの開催についても言及。「最後なんだ これで終わりなんだ 頼む。日本はまだまだ出来るはず」と呼びかけた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ