プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

オリラジ藤森「おうち一人ごはん、早く脱却したい」自虐コメント炸裂 “3年間休みなし”だったデビュー当時も回顧

『楽天市場』25周年記念動画に出演したオリエンタルラジオ・藤森慎吾の画像

『楽天市場』25周年記念動画に出演したオリエンタルラジオ・藤森慎吾

 オリエンタルラジオの藤森慎吾と世代・トレンド評論家の牛窪恵の対談動画が、1日にWeb上で公開された。25年間の社会動向とヒット商品を振り返るとともに、藤森は「デビューして3年間は休みがなかった」などと当時の思い出を語った。

【動画】「母親が泣いて喜びましたよ!」家族との思い出を振り返るオリラジ藤森

 『楽天市場25周年 25年を振り返る! 時代を作ったトレンド福袋プレゼントキャンペーン』と題した動画で藤森は、同サービスがスタートした1997年から現在までの消費トレンドやヒット商品について、牛窪氏とともに対談形式で紹介した。

 スターバックスやタリーズコーヒーなどの海外コーヒーチェーンが日本に上陸し、カフェブームが到来した1990年代は、自宅で美味しくコーヒーが飲めるコーヒーメーカーなどの家電アイテムも人気を集めたという。また共働き世帯が増えたことにより、簡単に味付けができる時短料理の調味料もヒット。藤森は「これは革命的でしたね、母親が泣いて喜んでましたよ」と、家族との思い出を振り返った。

 健康への意識が高まった2000年代は、睡眠の質を向上させる枕や寝具に注目が集まったとのこと。オリエンタルラジオがデビューした時期でもあり、藤森は「デビューして3年間休みなかったので、当時、枕を買ったことを覚えています。おかげで今があります」と話していた。

 東日本大震災が起きた2010年代は、被災地の農家を応援する動きとともに和食ブームも解説され、藤森は「日常的なこと、食に関することを考えさせられた」とコメント。さらに、少量で美味しく炊ける高級炊飯器の種類も豊富になったことについて、「おうち一人ごはん、できれば早く脱却したいです」と自虐的な笑いを誘っていた。

 最近の動向については、テレワークにともなうワイヤレスイヤホンの用途の広がりや、SDGsの取り組みを紹介。エコバッグが浸透したことについて、「環境への意識もかわってきたのでは」と世間の印象を語っていた。動画で紹介された家電や食品などのアイテムは、藤森の選定によって『トレンド福袋』としてまとめられ、キャンペーン特設サイトからエントリーした人に抽選で贈られる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ