プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『RIZIN.36』で平本蓮VS“怪物くん”鈴木博昭が決定「生まれ変わりました。人の悪口は言いません」

『RIZIN.36』で対戦が決定した平本蓮(左)と鈴木博昭 (C)ORICON NewS inc.の画像

『RIZIN.36』で対戦が決定した平本蓮(左)と鈴木博昭 (C)ORICON NewS inc.

 格闘技イベント『RIZIN.36』(7月2日・沖縄アリーナ)の対戦カード発表会見が1日、同所で行われ、平本蓮(23)VS“怪物くん”鈴木博昭(37)の試合(66キロ契約)が発表された。

【動画】インタビュー中に朝倉未来の話題に触れる平本蓮

 2020年12月のMMAデビュー戦(VS萩原京平)、今年3月の2戦目(VS鈴木千裕)と連敗中の平本。注目された3戦目の相手は、その類まれな身体能力とパワーから「怪物くん」の異名を持つ鈴木博昭に決定した。

 試合への意気込みを聞かれた平本は「僕は生まれ変わりました。人の悪口は言いません」と、まさかの宣言。「正々堂々と戦いたいと思います」とクリーンに意気込みを語った。

 連敗しても強気な姿勢を一貫している平本は、SNSでの影響力も拡散中。那須川天心VS武尊の“運命の一戦”が行われるビッグイベント『THE MATCH 2022』(6月19日・東京ドーム)で、安保瑠輝也とのキックボクシングでの対戦も浮上したが、MMAでの初勝利へ全力を傾ける。

 対する鈴木は、シュートボクシングで初代SB日本ライト級王座、第9代SB日本スーパーライト級王座、初代SB世界スーパーライト級王座を獲得するなど、数々の強豪と名勝負を演じてきた。RIZINで旋風を巻き起こすホベルト・サトシ・ソウザやクレベル・コイケら「ボンサイ柔術」チームで寝技を磨きながら、豪快な打撃も持ち合わせ、RIZINではパンチでのKOで2つの勝ち星を飾っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ