プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ハリセンボン、結成20年でYouTube進出「コンビで仕事ができる時間が増えた」“作業用コント”制作の意図明かす

『マツコ会議』に出演するハリセンボンの近藤春菜、箕輪はるか (C)日本テレビの画像

『マツコ会議』に出演するハリセンボンの近藤春菜、箕輪はるか (C)日本テレビ

 お笑いコンビ・ハリセンボンが、14日放送の日本テレビ系バラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演する。結成20年目という節目を迎え、マツコからも「ドキュメンタリーとかに出てくる訳ありの夫婦みたい」と例えるほど、風格が出てきた近藤春菜と箕輪はるかだが、実は2ヶ月前からYouTubeを開始し、活躍の場を広げている。

【写真】コシノジュンコのファミリーも登場

 YouTubeでは忙しい毎日を送っているにもかかわらず、精力的に動画を制作。近藤は「コンビで仕事ができる時間が増えたので」と説明。YouTubeは、ほぼアドリブのコントを60分間ひたすら繰り広げるという斬新な内容で、2人は「作業用コント」と呼んでいる。「作業用BGMのように使って欲しい」との思いから始めたという。

 近藤は「家にいることが多くなったこの時代に、一緒に世界を見ている感じをダラダラ流して欲しくて。自分たちの世界に入ってもらうというのをやって見たかったんです」と、その思いを語る。箕輪も「春菜がやりたいことをやりつつ、2人でできることも一緒に探していこうという状態で、今はすごく楽しくやらせてもらっています」と話す。

 このほかにも、近藤から「マツコさんは、いま自分のやりたいことを何パーセントくらいできていらっしゃいますか?」という質問が出たり、ハリセンボンの2人の結婚観の話も登場したり、新たなコントから理想の未来の話までをマツコと語り尽くす。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ