プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

星野源、50歳になった日村勇紀にバースデーソング?「あまりに感慨深いので…」 まさかの展開に

(左から)星野源、バナナマン (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)星野源、バナナマン (C)ORICON NewS inc.

 星野源が、13日深夜放送のTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜 深1:00)に出演。14日に50歳の誕生日を迎えた、バナナマン・日村勇紀を祝福した。

【全身ショット】日村の妻…白ワンピで美脚を披露した神田愛花

 『バナナムーン』内で星野は毎年、日村のバースデーソングを披露。昨年の放送では、星野が「曲が…あります。そうなんですけど、僕はきょう1回もウソをついていないんです。歌詞とかってあります? ちょっとタイトルまず発表していいですか。『そしたら』っていうタイトルなんですけど、今回日村さんの曲ではなく、設楽さん『ノンストップ』で話したことを覚えています? オレに言ったこと。オレも実はずっと作ってほしかったって…」と切り出した。

 設楽が「オレに? マジで(笑)」と喜びを隠せない中、星野が「本当に日村さん、今年ないです(笑)。設楽さんと僕のライブに何度も来てくれている娘さんが料理を作ったというエピソードを聞いて作りました。なので、ぜひ聞いてください」と曲紹介。設楽が「うれしい、このトマトパスタの話。これには、オレとオークラが入っているし、うれしいわ。いい歌」とかみしめる中、星野は「親が子を思いながら作るっていう。なんとなく、子どもが大きくなってくると、親が注意されるのが増えてくるのかな」と曲に込めた思いを語っていた。

 こうした流れを踏まえて、今年もバースデーソングの有無を日村が確認し、設楽統と星野がのらりくらりとかわす展開に。エンディングに差しかかり、星野が「今年もちょっと作らせていただきまして。今まで10年間は弾き語り。それで区切って、スタジオでレコーディングちゃんとして、バナナマンさんのエピソードなどをもとに新曲を作ってきました。今回50歳なので、久しぶりに日村さんの誕生日の歌を作って、あまりに感慨深いので、きょう、ちゃんとレコーディングしてきました。ちゃんとシングル録る勢いで(笑)。『日村さん、50歳誕生日の歌』です」と呼びかけた。

 日村のバースデーソングかと思いきや、サビの歌詞がADの「ドロボー」になっており、日村も「はっ? いや、ドロボーの歌じゃん」とツッコミ。設楽が「ちゃんと、すごくいい入りじゃん」と話すと、星野も曲について真面目に語っていった。日村は「オレに言うことは何もない、そんなことよりドロボーがって言っているじゃん」と叫んでいった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ