プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

長澤まさみ、青のロングワンピ姿で魅了 ウルトラマンの“手の上”に乗ったシーン「想像の中での演技でした」

青のロングワンピ姿で魅了した長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.の画像

青のロングワンピ姿で魅了した長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.

 女優の長澤まさみが13日、都内で行われた『シン・ウルトラマン』の公開初日舞台あいさつに出席。青のさわやかなロングワンピース姿を披露し、会場を魅了した。

【全身ショット】淡いブルーのドレス姿で魅了した長澤まさみ

 誕生から55周年記念作品として、庵野秀明氏(企画・脚本)、樋口真嗣氏(監督)のタッグで映画化された『シン・ウルトラマン』は、次々と巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が現れて、その存在が日常となった日本を舞台に、政府は対策のスペシャリストを集結させ「禍特対」を結成し、彼らが任務に当たる中、大気圏外から突如、“銀色の巨人”が現れるストーリー。

 主人公の“ウルトラマンになる男”神永新二(かみなが・しんじ)を斎藤工、主人公の相棒を長澤が演じる。長澤は、ウルトラマンの“手のひらの上”に乗ったシーンに話題が及ぶと「撮影中は、グリーンバックで撮っているので想像の中での演技でした」と明かしつつ、「本編を見て『ちゃんと手のひらに乗ってるな!』と安心しました。とてもよかったです!」と笑顔を浮かべていた。

 舞台あいさつにはそのほか、斎藤、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、樋口監督が出席。締めのあいさつで長澤は「この映画はいろんな視点で見れる作品。各キャラクターがどんな思いでそこにいるのか、毎秒感じて物語にどっぷり浸かれる作品です」とアピールしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ