プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

兒玉遥、舞台で「とにかく土下座」 『フラガール』注目シーンをアピール

舞台で「とにかく土下座」をしたと明かした兒玉遥 (C)ORICON NewS inc.の画像

舞台で「とにかく土下座」をしたと明かした兒玉遥 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の兒玉遥が13日、都内で行われた舞台『フラガール-dance for smile-』の舞台あいさつに登壇した。

【全身ショット】キュートなフラガール姿披露!お腹チラリな兒玉遥

 本作は、第30回日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞した映画『フラガール』の舞台版。昭和40年、エネルギーの石油化の波に飲まれながらも力強く生きる福島県いわき市の炭鉱町の人々、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードを、フラガールに生まれ変わっていく少女達の笑顔と涙で描く。フラガールのリーダー谷川紀美子役を潮、フラダンスを指導する先生・平山まどか役を矢島、紀美子の親友・木村早苗役を太田、舞台版オリジナルキャラクターの和美役を兒玉、紀美子の母親役を有森が担当する。

 舞台の印象的なシーンについて、兒玉は「とにかく土下座をしたこと」と明かし「人生でこんなに頭を下げて、お願いすることはもうないんじゃないか」と謝るシーンの多さに驚き。「ひざにあざができるくらいたくさん謝った」と、けいこの厳しさを振り返りながら「私のきれいな土下座に注目してください」と呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、潮紗理菜、矢島舞美、太田夢莉、有森也実も登壇。同作は、あす14日より新国立劇場にて上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ