プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松村邦洋&磯山さやか、上島竜兵さんとの思い出紹介 「いつもイジらせてくれた先輩」と感謝

(左から)松村邦洋、磯山さやか (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)松村邦洋、磯山さやか (C)ORICON NewS inc.

 タレントの松村邦洋、磯山さやかが、13日に放送されたニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(月~金 前11:30)に出演。11日に亡くなったお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)を追悼した。

【写真】先月には…お決まりの“キス芸”を披露していた上島竜兵さん

 番組冒頭、パーソナリティーの高田文夫から「竜ちゃんに世話になったろ?」と向けられた松村は「世話になりました。同じ事務所でしたんで。大体ダチョウ倶楽部のバーターは春一番と僕ですからね」と説明。また、上島さんが昨年6月、同番組にゲスト出演した際の音声が放送され、上島さんと松村がアクリル板越しにキスをしている模様を、3人で笑いながら聞き入った。

 上島さんとバラエティー番組で共演が多かった磯山は「志村さんが今年3回忌だったので、みんなで集まった。(上島さんとは)10年以上のお付き合いになりましたかね」と回想。自身の誕生日会に上島さんが来てくれたこともあったそうで「私よりも泥酔して帰った。『えー! 主役より泥酔してるんだけど(笑)』って。いつもイジらせてくれた先輩って感じですよね」と、その人柄に感謝していた。

 また、番組のエンディングではダチョウ倶楽部のシングル「ダチョウダンス」が流され、3人が“にぎやかに”上島さんを偲んだ。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

 上島さんは1961年1月20日生まれ。兵庫県出身。高校卒業後、俳優を志し上京。その後、お笑い芸人の道に進み、85年にダチョウ倶楽部を結成した。肥後克広・寺門ジモンとともにバラエティー番組で活躍し、「聞いてないよォ」(93年の流行語大賞大衆部門・銀賞)「ヤー!」「ムッシュムラムラ」などのギャグで人気を博した。

 また「絶対に押すなよ!」と言いつつも熱湯風呂に落とされるギャグのほか、帽子を回転させてかぶり直す「くるりんぱ!」、互いに怒りながら次第に近づいてキスをするギャグなど、幅広い世代に親しまれた。

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ