プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

NEWS加藤シゲアキ、浅田次郎氏の“アイデア”ひらめく瞬間に共感「良かった…!」

『タイプライターズ~物書きの世界~』に出演する宮司愛海、加藤シゲアキ、浅田次郎、中井貴一 (C)フジテレビの画像

『タイプライターズ~物書きの世界~』に出演する宮司愛海、加藤シゲアキ、浅田次郎、中井貴一 (C)フジテレビ

 人気グループ・NEWSの加藤シゲアキがMCを務める、フジテレビ系バラエティー番組『タイプライターズ~物書きの世界~』(前10:25※関東ローカル)。21日の放送の同番組ではリニューアル初回として、俳優の中井貴一と、中井が愛してやまない作家・浅田次郎氏が登場。加藤も「いきなりすごい方に来ていただきましたね!」と驚く。

【写真】浅田次郎が“手書き”にこだわる理由明かす

 リニューアル後からは、作家を愛してやまない“芸能人ゲスト”が薦めるその作家の魅力やイチオシ作品を教えてもらいつつ、作家の頭のなかを深くのぞいていくトークを展開。今回は『中井貴一が主演を務めた、“浅田次郎原作の映像化作品”』を中心に、原作が生まれたきっかけや、映画、ドラマの裏話などを続々と紹介。一同の軽快なトークで終始笑いに包まれるなか、加藤がさらに浅田作品の世界を深掘りしていく。

 中井と浅田氏の出会いのきっかけは、1998年に映画化された『ラブ・レター』。小説の一節「手紙の途中から、吾郎は声を上げて泣いた」について、中井が吾郎をどう演じたのか、実際の映画のシーンとともにプレイバック。「書いたらたった2行なんですけど、あの演技はすごいなと思って。映像でなければ、ああいう表現はできないわけだから」と浅田氏。小説と映像における表現の違いを考察していく。

 映画『壬生義士伝』で特徴的な“吉村貫一郎の方言”が話題に上る場面も。浅田は方言のセリフを書くにあたって「必ずこの3ヶ所に行きます」という取材場所を語る。吉村を演じた中井は「演じる側にとっては、方言が“いちばんの味方”だったんですよ」といい、撮影現場での裏話を明かす。

 さらに、映画『柘榴坂の仇討』で中井と浅田氏が“共演”していたシーンを紹介。小説家として活動する加藤も「僕も、原作者として映画の現場に行ったときに、そのまま出演することになったんですけど…」と話すが、そのまさかの展開に笑いの渦が起こる。中井イチオシの浅田氏最新刊『母の待つ里』を紹介するほか、ドラマ『きんぴか』の西浦正記監督がVTR出演。監督が見た“中井のおちゃめな一面”が明かされる。

 小説についてトークが白熱するなか、途中で浅田氏が「あなたもよく分かってると思うんだけども」と、加藤をじっと見つめる場面も。大御所のオーラに圧倒されるなか、やや緊張気味の加藤が返した反応とは…。その一方で、“アイデアがひらめく瞬間”の話題では、「そのとおり!」(浅田氏)「そうなんです!」(加藤)と2人が共感しあい、「良かった…!」と加藤が喜ぶ場面も。ともに書き手だからこそ知る“物語の作り方”を語り合っていく。

 そのほか、浅田氏がふだん使っている特製の原稿用紙や万年筆がスタジオに登場。“パソコンで執筆派”の加藤が、浅田氏が“手書き”で文字を書きつづける理由にも迫る。さらに、“『タイプライターズ』的・いま気になる一冊”を紹介するコーナーも。その見どころは、オンエア前日の20日に公開予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ