プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『インビジブル』第5話あらすじ キリコが消えた!? ついに“インビジブル”の秘密が明らかに

『インビジブル』第5話の場面カット(C)TBSの画像

『インビジブル』第5話の場面カット(C)TBS

 俳優の高橋一生が主演を務める、TBS系金曜ドラマ『インビジブル』(毎週金曜 後10:00)の第5話が、きょう13日に放送される。

【写真】対峙する志村×キリコ…”インビジブル”の秘密が判明する

 普段目にする事故や事件には未解決となってしまうものも多々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事・志村貴文(高橋)と犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)という絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント。

■第5話あらすじ
3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか…。腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。

一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。やはりキリコと武入はつながっているのか。二人の緊急配備が敷かれる。

志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影がみえてきて…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ