プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

世界初 ストーンズ60周年を1万4000発の花火で祝う ミック・ジャガー「驚くと同時にとても喜んでいる」

結成60周年を迎えるカリスマバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の画像

結成60周年を迎えるカリスマバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」

 英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズの結成60周年を祝う花火イベント『THE ROLLING STONES 60th ANNIVERSARY THE GREATEST FIREWORKS ~感激!偉大なる花火~』が、7月6日に東京競馬場で開催されることが決定した。ストーンズ公認のオフィシャル企画で、世界初、一夜限りの開催となる。

【写真】ストーンズの象徴・舌出しロゴと花火がコラボしたポスター

 1962年、英ロンドンで結成され、今なおツアーを続けるカリスマバンドは、結成60周年を迎える。きょう13日には、未発表音源をフィーチャーした1977年の伝説的なライヴ盤『ライヴ・アット・エル・モカンボ』をリリース。6月にはヨーロッパツアーを予定しているが、日本では、アーティストやレーベルとのコラボレーションで音楽とシンクロした花火を打ち上げる最新型花火エンターテインメント『東京SUGOI花火』が、国産の花火でストーンズの60周年を祝うことになった。

 会場は東京・府中市の東京競馬場。国内最大級の1万4000発の花火がストーンズの楽曲とシンクロし、約1時間にわたってノンストップで打ち上げられ、1周2キロにおよぶ馬場を彩る(メンバーは出演せず)。

 メンバーからのコメントも到着。ミック・ジャガー(Vo)は「今回花火で僕らの60周年を祝ってくれるなんて企画を聞いて、驚くと同時にとても喜んでいる。日本の皆さん、ありがとう。近いうちにまた会おう!」とメッセージ。キース・リチャーズ(Gt)とロン・ウッド(Gt)も以下のコメントを寄せた。

 花火演出は、国内外の大規模花火大会で数多くの演出を手がける平山英雄氏(H2 Show Design Associates/紅屋青木煙火)が担当。ナビゲーターはフリーアナウンサーの岡副麻希が務める。

■ザ・ローリング・ストーンズ コメント

▼ミック・ジャガー(Vo)
今回花火で僕らの60周年を祝ってくれるなんて企画を聞いて、驚くと同時にとても喜んでいる。日本の皆さん、ありがとう。近いうちにまた会おう!

▼キース・リチャーズ(Gt)
日本人はすごいよな。花火で祝ってくれるなんて考えもつかなかったよ。
いつも日本のみんなは俺たちに親切にしてくれて感謝している。また日本でみんなに会えることを楽しみにしているぜ。

▼ロン・ウッド(Gt)
Yeah!花火で60周年を祝ってくれるんだって? 最高だよ。日本のみんなにお礼を言うよ。そして大いに楽しんでほしいね。花火師のみんな、よろしく頼むよ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ