プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

広末涼子、幼少期は「カッコいい人が嫌いだった」 ディーン&岩田剛典の“顔面最強バディ”に驚き

幼少期は「カッコいい人が嫌いだった」と明かした広末涼子 (C)ORICON NewS inc.の画像

幼少期は「カッコいい人が嫌いだった」と明かした広末涼子 (C)ORICON NewS inc.

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典、広末涼子が12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の映画版『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露舞台あいさつに参加した。

【写真】スーツ姿がクール!ディーン・フジオカ&岩田剛典も登壇

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 “顔面最強バディ”と呼び名もあるディーンと岩田について、広末は「正直、小さいころはカッコいい人が嫌いで…。カッコつけてるように見えて苦手だった」とぶっちゃけ。それでも「この2人が並ぶと美しすぎて、どうなんだろうと思っていたところがあった。この映画を見たら『そういうことか!』と。美しいものを見ていると人は幸せですし、ディーンの感情が爆発するシーンを見たら鳥肌で。美しいだけじゃない存在や感情、意味をぶつけられた気がします」と驚きの声を上げていた。

 舞台あいさつには、ディーン、岩田、佐々木蔵之介、新木優子、村上虹郎、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ