プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

岩田剛典、犬との撮影で実感「人間じゃない」 新木優子は笑顔にキュン

犬との撮影で「人間じゃない」と実感した岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.の画像

犬との撮影で「人間じゃない」と実感した岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の岩田剛典、広末涼子が12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の映画版『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露舞台あいさつに参加した。

【上半身ショット】スーツ姿が揃ってクールな岩田剛典&ディーン・フジオカ

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン・フジオカ演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 舞台あいさつでは、作品にかけて最強バディを語ることに。岩田は“バスカヴィル家の犬”であるヴィルを挙げ「この作品に関して言えばワンちゃん。僕もずっと現場で一緒にコミュニケーションを取っていた。ディーンさん以外を挙げるならワンちゃんかな」とにっこり。

 ただ、撮影は犬の気分でシーンが変わるなど過酷だったそうで犬好きの広末だが「優しいですね、岩ちゃんさんは。相当、苦労しましたよ。バディって呼べる器がスゴい!」と目を丸くする。続けて広末は「犬に芝居をさせるのは至難の技ですね」と撮影を思い返すと、岩田は「人間じゃないなと思いました」とじっくり噛みしめるように語っていた。

 そんな撮影の癒やしとなったのは岩田だったそう。新木優子は「岩田さんの笑顔はズルい。現場にワンちゃんがいて、ワンちゃんもカワイイ。(ワンちゃんは)映画の中ではクールなシーンが多いんですけど、裏ではニコニコ笑っている。それ以上に岩田さんの笑顔がキュンと来る。この笑顔があれば、みんな付いてくるだろうな」と褒めまくり、岩田は「何をおっしゃいますか…」と照れていた。

 舞台あいさつには、ディーン、佐々木蔵之介、村上虹郎、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ