プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

村上虹郎、ディーン・フジオカの“かわいがり”をぶっちゃけ ほぼ初心者のチェスで「ボコボコに」

ディーンとのチェスを回想した村上虹郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

ディーンとのチェスを回想した村上虹郎 (C)ORICON NewS inc.

 俳優のディーン・フジオカ、村上虹郎が12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の映画版『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露報告会に参加した。

【3ショット】美デコルテがちらり…黒レースワンピースで登場した新木優子ら

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田剛典演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 感染症対策のため、クローズドな現場での撮影だったそうで、共演陣も仲が深まったという。そんな中、撮影を振り返った村上は「ディーンさんから若干のイジメが…」とにやり。チェスができるか問われた村上は幼少期の経験からできると返答し、実際に対戦して「ボコボコにされた。これはちょっと…」と“かわいがり”をぶっちゃけた。

 思わぬ暴露にディーンは「丁寧に教えましたけどね」と苦笑い。続けて「虹郎が負けず嫌いだなと思ったのが、もうチェックメイトなのに『待った!』と1手、2手戻したらどうなるかを、ずっと繰り返して負けを認めないっていう」と撮影の合間を懐かしみながら「それは嫌いじゃなかった」と笑顔を見せた。反撃を食らった村上は「それぐらいのハンデはいただかないと…」とタジタジになり、キャスト陣は笑顔になっていた。

 完成報告会には岩田、佐々木蔵之介、新木優子、広末涼子、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ