プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ディーン・フジオカ&岩田剛典『シャーロック』バディが成長語る「母性本能をくすぐる技術が進化」

作品について成長を語った(左から)ディーン・フジオカ、岩田剛典(C)ORICON NewS inc.の画像

作品について成長を語った(左から)ディーン・フジオカ、岩田剛典(C)ORICON NewS inc.

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典が12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の映画版『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露報告会に参加した。

【3ショット】美デコルテがちらり…黒レースワンピースで登場した新木優子ら

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 獅子雄と若宮のバディも映画によってスケールアップ。ディーンは「今流行りのリモートバディに進化しました。ドラマの時は物理的に一緒に行動する時間が多かったんですけど、映画になってからは遠隔でのやり取りで協力しながら事件を解決していく新しいアプローチが全面に出てきた」と自信を見せる。

 岩田も「この作品に入る前に1度、キャストの皆さんでリハーサルをさせていただいた日があったんですけど、久しぶりにディーンさんと獅子雄と若宮でお芝居した時に1年以上のブランクがあったはずなのに最初の段階から入ることができた。ディーンさんのおかげ。あの1クールのあうんの呼吸が、まだ生きていた」とにっこり。そんな笑顔を見たディーンは「あと進化したのは岩ちゃんの母性本能をくすぐる技術。普段は思慮深くて、抑制が効いてる岩ちゃんが若宮としてうまくいかない姿がかわいい。『がんばれ!』って気持ちになった。自分の中に母性本能があるんだと感じた」とにやりとし、ディレクションを問われた西谷弘監督も「岩田さんが勝手に暴走した」と同調。照れる岩田は「おかしいでしょ!」とかわいく抗議していた。

 完成報告会には、佐々木蔵之介、新木優子、広末涼子、村上虹郎、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ