プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

関根勤、免許返納を家族と相談し準備「できている」 娘・麻里も心配「普段から話し合っている」

『家族に贈る、新しいモビリティ』PRイベントに登壇した(左から)関根勤、関根麻里 (C)ORICON NewS inc.の画像

『家族に贈る、新しいモビリティ』PRイベントに登壇した(左から)関根勤、関根麻里 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの関根勤と関根麻里の父娘が12日、都内で行われた近距離モビリティWHILL『家族に贈る、新しいモビリティ』PRイベントに登壇。68歳になる父・勤が「受け入れる準備はできている」と免許返納についての想いを明かした。

【動画】娘・麻里からの感謝の言葉に感動する関根勤

 WHILLは、電動車椅子の進化系とも言える新しいクルマ。免許不要で歩道を安定して走行できるため、免許を返納した後や自転車からの乗り換えなどに最適な新たな移動手段として、超高齢化社会での快適で自由な外出促進を図る。

 車の運転は大好きだという勤だが、前日に西川きよしが免許返納したことについて振られ「いつとは決めてないですけど、家族に言われたらすぐやめます」と宣言。「限界の3歩手前でやめます。事前に家族に危ないと思ったら言ってくれと家族に話しています」と以前から家族と話し合っていることを明かした。

 また「事故起こしたら大変なことになる」と危機感をのぞかせ、「僕だけじゃなくて、被害者を出しちゃったり、家族に負い目を感じさせたくないです。なるべく家族に迷惑をかけて生きたくないので」と思いやりを見せた。

 娘の麻里は「いますぐ返納というわけではないですけど、普段から返納について家族で話し合っています。みなさんもそのタイミングになったときに、受け入れてもらう準備をしたほうがいい」と呼びかけた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ