プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

24年大河『光る君へ』は「セックス&バイオレンス」 テーマ判明にファン衝撃「日曜夜に大丈夫?」

2024年大河ドラマ『光る君へ』主演を務める吉高由里子と脚本を担当する大石静(C)NHKの画像

2024年大河ドラマ『光る君へ』主演を務める吉高由里子と脚本を担当する大石静(C)NHK

 俳優の吉高由里子が、2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』で『源氏物語』を書き上げた紫式部/まひろを演じることが決定。脚本を手掛ける大石静氏は「人生最後の賭けだと思って、一か八かでお引き受けしました」と熱い思いを語りながら「戦がない時代。男性のエネルギーは女性に向かっていったのではないか。平安時代のセックス&バイオレンスを描きたい」と、あえてキャッチーな言葉を選び、構想の一部を明かした。

【写真】どんな紫式部を演じる?鮮やかワンピ姿の吉高由里子

 紫式部は、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。

 脚本の執筆はこれからだと明かした大石氏だが「紫式部の藤原道長に対する愛と憎しみと執着。最後までツインソウルのように絡み合う2人の感情を描いていきたい」と語ると、藤原家の“権力闘争”についても「おなじみの人物、おなじみの戦を楽しむことが多いこれまでの大河ドラマとは、だいぶ趣が異なると思います。藤原家が権力を誇った平安王朝は『華麗なる一族』と『ゴッドファーザー』を足して3倍にしたぐらいの権力闘争。面白い話がいっぱいある」と話した。

 SNS上では「めちゃくちゃ楽しみなテーマだけど日曜夜に大丈夫か?」「セックス&バイオレンス?!!?! NHK20時台に大丈夫?www」「掲げてるテーマが攻め過ぎてるw」「めーーーっちゃ面白そう!!!!!」「難しそうな平安時代の公家の世界感をどう描くか気になる大河」など、さまざまな声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ