プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

森川葵、番組のうっかりミスに大激怒 おじけづく錦鯉・長谷川にアリタ哲平がマル秘提案

13日放送『全力!脱力タイムズ』に出演する(左から)長谷川雅紀(錦鯉)、森川葵(C)フジテレビの画像

13日放送『全力!脱力タイムズ』に出演する(左から)長谷川雅紀(錦鯉)、森川葵(C)フジテレビ

 俳優の森川葵と、お笑いコンビ・錦鯉の長谷川雅紀が、13日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に初出演する。

【別カット】いつもとは違った雰囲気…メガネをかけ凛々しい表情を見せる森川葵

 オープニングでは、昨年末に錦鯉が悲願の優勝を果たした『M-1グランプリ2021』の話題に。『M-1』で錦鯉の漫才を見てファンになったという森川や解説員の岸博幸、齋藤孝が、口をそろえて「今日は長谷川さんと会えるのを楽しみにしていました」と興奮気味に語る中、特に長谷川の「こーんにちはー!」というあいさつギャグがお気に入りだという森川は、日頃から友達同士でよくマネしていることを明かす。すると、MCのアリタ哲平に勧められ、森川が「こーんにちはー!」を実演することに。大喜びの長谷川だったが、なぜか予想とは違う展開となり、すっかり意気消沈してしまう。

 特集のテーマは「今だからこそ知ってほしい!演劇の魅力」。近年、さまざまな業界がコロナ禍で大打撃を受けているが、演劇界もそのひとつ。ある調査によれば、劇場の事業収入は、コロナ前からなんと7割も減少しているのだという。そこで今回は、舞台でも活躍する森川が、演劇の魅力を改めて徹底解説。感染対策も万全という全国の劇場に、今こそ多くの観客を呼び戻すべく、森川オススメの「演劇の魅力5選」や「注目の小劇場俳優」などを紹介する。

 かくしてスタジオには、演劇の定義や歴史が書き込まれたボードが登場し、アリタの進行のもと、演劇の魅力を掘り下げていくことに。実は芸人になる前、地元札幌の劇団に所属して芝居に打ち込んでいたことがあるという長谷川も、興味津々でボードに熱いまなざしを向ける。

 しかし、アリタから話を振られた途端、長谷川の顔には不安の色が。自分が何を求められているのかわからなくなってしまった長谷川は、次第におじけづき、そわそわし始める。そんな様子を見かねたアリタは、ある秘策を思いつくのだが、その提案をきっかけに番組は思わぬ方向へ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ