プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

桂文枝、55周年独演会に林家木久扇・西川きよしら “教え子”ジャルジャルともコントで「絡みたい」

教え子・ジャルジャルに期待を寄せた桂文枝 (C)ORICON NewS inc.の画像

教え子・ジャルジャルに期待を寄せた桂文枝 (C)ORICON NewS inc.

 落語家の六代 桂文枝(78)が12日、落語家55周年記念独演会『笑って元気に!いらっしゃーい!!ツアー』大阪・なんばグランド花月(NGK)公演(7月16日)に向けた会見を同所で行った。「本当に幸せな55年」と振り返り、節目のゲストには、東京の林家木久扇をはじめ、西川きよし、ジャルジャルを迎えることを明かした。

【写真】手を振り笑顔を見せる桂文枝

 文枝は、吉本興業の顔であり、上方落語界の第一人者。関西大学の落語研究会を経て、先代の桂文枝に弟子入りし、桂三枝として創作落語の道を切り拓き、2012年に六代 桂文枝を襲名。テレビ・ラジオでも活躍し、『新婚さんいらっしゃい!』は今年3月まで51年司会を務めた。自身79歳の誕生日であり、桂文枝襲名10年ともなる7月16日にNGKで55周年記念独演会を開く。

 先日新型コロナにも感染したが、軽症だった様子で「元気です」とにっこり。「80になる1年前に元気な姿を皆さんに見ていただきたい」と張り切った。今後は「人生の仕上げといったらおかしいですけども、次の世代にバトンを渡す」とし、吉本興業110周年の歴史に残る横山エンタツ・花菱アチャコ、桂春団治らの名を挙げながら、「自分がトップに経って落語をやっていきたい。少しでも次の世代に残る作品を作りたい」と語った。

 代名詞の創作落語とともに、ゲストを交えて笑いあふれる公演にするという。ゲストの木久扇については過去の交流を明かして「ぜひとも木久扇師匠とやりたいなと思っていた」と言い、西川とは「面白い漫才ができたら」と構想を披露。

 また、ジャルジャルは関西大学の後輩にあたり、「私が関西大学へ教えにいっていた時期もありまして、その生徒さんなんです。だから僕はジャルジャルに頑張ってほしい」と言い、「昔は自分たちの考えたネタをかたくなに守るみたいな感じでしたけど、少しでも大衆受けしようとする成長を感じております」と抜てきの理由を説明。「(ジャルジャルの)難しい、ややこしいコントにちょっと僕も絡みたいな、なんて思っています」とはにかんだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ