プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「美女の正体は元デブス男子?」整形級の変貌遂げたコスプレイヤー、現在は社長に「いじめられっ子がクラス一のモテ男になるお手伝いを」

驚くような変貌ぶりを見せた「ひやニキ」さん(@miyamoto_fox)の画像

驚くような変貌ぶりを見せた「ひやニキ」さん(@miyamoto_fox)

 以前、新旧の免許写真の顔が違いすぎて、「免許更新受付の人に代理人だと思われた」というツイートが大反響を集めた「ひやニキ」さん(@miyamoto_fox)。女装・コスプレ活動にも勤しむ彼は、その後も「デブスだった10年前ギャルにイジめられてたが、30歳の今は自分がギャルになってしまった」「16歳の時に『僕は偉い人になるぞ!』と言ってた高校時代のぼく! キチンと30歳で起業して社長になってるよ!!」など、“ビフォーアフター”ツイートが話題になっている。これまでの経験を生かし、現在は会社も立ち上げるなど多方面で活躍。自らの意志で変わり、夢も叶えたニキさんに、伝えたいことを聞いた。

【衝撃写真】「まるで別人!」地味デブス男子が美女に変身、衝撃しかない新旧免許写真も

■過去と現在の比較写真が大バズり、「自分に自信を持てない」若者から相談増加

――過去と現在の写真の比較ツイートがバズってからしばらく経ちますが、身のまわりでは何か変化はありましたか?

【ひやニキさん】多くの方に知ってもらえるようになりましたが、最近ですと「何かを成し遂げた」という部分に興味を持っていただけて、尊敬してくれる人が増えたように思います。私自身の変化としては、新たにいろんな活動に取り組み、発信を行いたいと思うようになったこと…ですかね。あとは街中で声かけられること増えたので、普段は目立たないように生活しています。

――有名になったことで、他のコスプレイヤーから相談を受ける機会も増えたのでは?

【ひやニキさん】DMなどに相談がきます。内容は「自分に自信を持てない」、「顔や体型にコンプレックスがある」、「コスプレメイクがわからない」といったものが多く、変わったところでは、なぜか女の子から恋愛相談が来ました。どちらかというと、若い方からの相談が多いですね。

――そういった現状に対して、思うところはありますか?

【ひやニキさん】純粋に、「頼る」という可視化された信頼は嬉しいですね。DMに連絡が来たり、リツイートや“いいね”など、可視化された形で好意を示してくださる方には非常に愛着が湧きます。その一方で、ひとつひとつの相談に対して丁寧に答えることが時間的に難しくなりつつある…ということが、現時点での大きな課題です。今後はYouTubeなどで、まとめて応えられるようにしたいなと考えています。

――学生時代は「偉い人になる」ことが夢だったそうですが、31歳になられた今、その理想は叶えられていますか?

【ひやニキさん】理想どおりかというと、NOですね。当時はうぬぼれていて、「将来は絶対に、偉くて、金持ちで、世の中に影響を与えられる有名人になる」と思っていましたが、今の自分はまだ看板だけの「社長」でしかないので。これからも誠心誠意、気持ちを込めて人に接することで、影響力のある人間になりたいと考えています。

――現在は起業されて、社長業に専念されているとのことですが、起業のきっかけや、具体的な業務内容を教えていただきたいです。

【ひやニキさん】きっかけは大学時代からの親友と、とある友人の2人との語らいです。コロナ禍、不安定な時代の中、「これからの将来を見据えたときに、社会に対して自分ができることがないか」と感じました。この想いに共感してくれる親友がいてこそできた起業です。

 業務内容は「美容コンサルティング」です。過去にYouTubeに似たような動画(https://www.youtube.com/watch?v=M5TT5oUghlU)をあげましたが、そのブラッシュアップ版です。私自身が、内面・外面ともに他人と見違えるほど垢抜けることができた知識や技術を、今度は他の方にも施すことができたらいいな…と思いまして。いじめられている子が、クラス一のモテ男になるお手伝いができれば…という感覚ですね。その他にも、Web広告やサイトの制作も引き受けています。

――コスプレ活動は、現在のお仕事のプラスになっていますか?

【ひやニキさん】むしろ活動を行うほどプラスになることの方が大きいですね! 理由は違う自分を表現したり、コスプレにより誰かに何かを伝えたりすることができるからです。見てくださる皆様が応援してくださるほど、私も皆様にもプラスになれるよう尽力します。

――逆に、コスプレの経験がデメリットになったことは?

【ひやニキさん】アニメ文化全体への偏見を持つ方や、多様化に理解を示せない人には伝わりにくいです。ときどき「コスプレ文化を仕事に利用するな」と言われることもありますが、直接仕事にしてるわけでもなく、そういったご意見をくださる方こそ、私をよく見てくれている熱烈なファンだと思っているので、むしろ愛おしいですね。

――お客様にはどういった層の方が多いのでしょう?

【ひやニキさん】年齢は「1.若い好奇心旺盛な人」「2.50代60代の方や企業様」。これらの方たちから関心を得られています。嬉しい限りです。相談内容は、「恋愛・結婚ができる見た目になりたい」「友人が作れるようになりたい」「綺麗になりたいけど、どうすればいいかわからない」といった悩みが見受けられます。

――普段はスーツを着てお仕事されているそうですが、もう慣れましたか?

【ひやニキさん】スーツを着るのは商談のときくらいで、それ以外は私服です。ただ、けっこう若々しい格好をしていることが多いので、スーツを着たほうが「仕事をしている」という気分になり、気持ちも引き締まるんですよ。あと、スーツ着ている自分の姿を見ると「やっぱりかっこいいな」と思っちゃいますね(笑)。

――そうした活動の一方で、女装・コスプレ活動はいつまで続けていけるとお考えですか?

【ひやニキさん】趣味に「続ける/辞める」はないと思っています。これはゲームやスポーツと同じで、そのときの自分に合った“スキ”をしたいときにやって、気が向かないときは無理にはしない。このようにシンプルに考えています。

――やりたいことはあっても、なかなかひやニキさんのように積極的に活動できない、一歩を踏み出せない……という人たち(人生に迷っている人たち)に向けて、ひと言お願いします。

【ひやニキさん】前に一歩踏み出すというのは難しいことです。不安があり、失敗したときのことが頭をよぎるでしょう。ですが、私は「踏み出そうとする」気持ちを持ってるだけでもすごいと思います。今の自分や不満の多い現状を変えるために、小さな勇気の芽を持っている証拠ですから。もう少しだけ、「前向きな気持ち」という水を与えて、前に進めば芽を育てればきっと新しい人生が待っています。

(文=ソムタム田井)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ