プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

竹野内豊、独立後初の主演作は山田孝之と共演 映画『唄う六人の女』製作発表

竹野内豊、山田孝之のW主演による映画『唄う六人の女』の製作が決定(2023年公開予定)の画像

竹野内豊、山田孝之のW主演による映画『唄う六人の女』の製作が決定(2023年公開予定)

 俳優の竹野内豊と山田孝之がダブル主演を務める映画『唄う六人の女』の製作が発表された(2023年公開予定)。竹野内は独立後、初めて発表された主演作品。また、二人は11年に公開された映画『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』で共演したことがある。竹野内は「山田孝之さんとは11年ぶりの共演となります。力を合わせ、面白い映画を作りたい」と、意気込んでいる。5月から京都南丹市や大阪、奈良を中心に撮影を開始する。

【写真】11年前に共演した映画の舞台あいさつにそろって登壇

 今作で竹野内&山田は、正反対の性格の男、萱島(竹野内)と宇和島(山田)を演じる。車の事故で、ある美しい村に偶然迷い込んでしまった二人が、村に住む美しくも奇妙な六人の女たちに翻ろうされていくという物語。

 監督は、インスタレーションや映像作品、メディアを駆使したパフォーマンスを国内外で発表し続ける石橋義正。 山田を主演に迎えた前作の『ミロクローゼ』(11年)は、約30ヶ所の海外映画祭で上映された実績がある。本作は、日本の原風景の中で繰り広げられるミステリアスかつ妖艶で美しい映画になるとのことだ。

 山田は「僕はなんて幸せなんだ。また石橋監督の世界に入れる。しかも今回は竹野内さんと。2020年12月14日、実に10年ぶりであろう石橋監督との再会を果たし、『次回作に参加いただけないか』とのうれしいお誘い。しかし何故だか茶を濁し数日が経ったある日、道を歩いていたところ『山田くん』と声がかかった。これまた10年ぶりであろう竹野内さんが立っていた。これは“そういうこと”なのだと出演を決めた」と、ユーモアあふれるコメントを寄せている。

■竹野内豊のコメント

 石橋監督とは初めてご一緒させていただきます。『オー!マイキー』シリーズや『ミロクローゼ』といった異彩を放つ独特の感性で今作をどの様に演出されるのか楽しみです。また、山田孝之さんとは11年ぶりの共演となります。石橋監督、山田孝之さんと力を合わせ、面白い映画を作りたいと思っております。

■山田孝之のコメント

 僕はなんて幸せなんだ。また石橋監督の世界に入れる。しかも今回は竹野内さんと。2020年12月14日、実に10年ぶりであろう石橋監督との再会を果たし、「次回作に参加頂けないか」とのうれしいお誘い。しかし何故だか茶を濁し数日が経ったある日、道を歩いていたところ「山田くん」と声がかかった。これまた10年ぶりであろう竹野内さんが立っていた。これは”そういうこと”なのだと出演を決めた。ワクワクしかない僕の元へ脚本が届き、ニヤニヤと読み進める内に僕は思い出した。『ミロクローゼ』のことを。「そうだった。石橋組の撮影ってめちゃくちゃハードだったんだ」と。ぼ、ぼくはなんて、しあ、しあ、しあわせなんだ…」

■石橋義正監督のコメント

 森羅万象に命が宿るという感覚が子どもの頃から備わっている私たちは、自然の美しさに対する特別な意識を持ち合わせています。私たちがごく普通に持っているこの感覚こそが、今、地球にとって大変重要なのだと感じます。本作がその感覚をあらためて呼び起こすような肥料のようなものになれば嬉しく思います。登場する6人の個性豊かで艶やかな女性たちと、竹野内さん、山田さんの魅力があふれる、記憶に残る映画にしたいと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ