プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

岡田結実&齊藤英里、ダブル主演映画『ウラギリ』8月公開決定

岡田結実と齊藤英里がダブル主演する映画『ウラギリ』8月公開決定 (C)NAVY PICTURES(NAVY INC)の画像

岡田結実と齊藤英里がダブル主演する映画『ウラギリ』8月公開決定 (C)NAVY PICTURES(NAVY INC)

 俳優の岡田結実と齊藤英里がダブル主演する映画『ウラギリ』が、8月より東京・池袋シネマ・ロサほか全国で順次公開される。そのほかの共演には、元HKT48の兒玉遥、数々の作品でバイプレーヤーとして活躍する温水洋一や原田龍二、鳥羽潤などが名を連ねている。

【動画】映画『ウラギリ』予告編

 脚本と監督を務めたのは、民放各局でドラマ作品を演出を手がける中前勇児。今年、監督を務めた新作映画『てぃだ』が沖縄国際映画祭にてワールドプレミアで上映、昨年の京都国際映画祭で『終わりが始まり』が上映されるなど、映画にも精力的に力を注いでいる。

 物語は、アパレル会社に勤める加奈子(岡田)と、同僚の紗理奈(齊藤)は、仕事でも協力し合える、特別な存在だった。しかし、紗理奈は秘密を抱え、夜の仕事を掛け持ちしていた。紗理奈の生活を心配した加奈子は、夜の仕事を辞めることを条件に、紗理奈にお金を貸す。しかし紗理奈は突然会社を辞め、連絡がつかなくなってしまう。絶望する加奈子が知った、衝撃の事実とは…。

 幼少期からジュニアモデルとして活躍、『天才てれびくん』にも出演し、2017年に『傷だらけの悪魔』で俳優デビューをした岡田は、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)にも出演するなど、成長著しい。

 本作については、「撮影日数的に短くて、あっという間にいい意味で心に傷を残した作品だったと思いました。撮影前も撮影中もいろいろ考えていて、“ウラギリ”ってそもそも何なんだろうとか。友情、仕事、恋愛で裏切るって、最初は信頼されていた。人から信頼を得ることって簡単ではないし、社会人になればなるほど信頼できる人ってそんな簡単には増えないから、加奈子はそれでも幸せだったんだ、と思いました。信頼できる誰かがいること、今もいる人は、とても幸せなことだと思いました。その信頼できる人に手を差し伸べることができるように、もがいても泣いてもいいから悩んだ最後は大事な人を助けられる人でありたいと思える作品でした」と、コメントを寄せている。

 齊藤は、『真夏のオオカミくんには騙されない』(AbemaTV)にレギュラー出演して人気になり、21年から映画『それぞれの花』、『ロストタイム』、『リセット』、『さかさまのくに』のほか、Huluドラマ『さよならハイスクール』、『M 愛すべき人がいて』などの話題作にも立て続けに出演。

 長編映画初主演となる本作では、「楽しみと同時に不安な思いもありましたが、中前監督をはじめ共演者の方々に支えていただき、自信をもって全力で紗理奈を演じきることができました。緊張感ある現場で学ばせてもらうことは多く、その中で紗理奈として生きた経験は私の中でとても大きな財産です」と、振り返った。

 主題歌は、Youtuber、俳優、モデルとしても活躍するメンズユニット「真夜中の12時」によるオリジナル曲「ウラギリ」に決定。メンバーが初めて作詞に参加した書き下ろし楽曲となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ