プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「ゾンビもの」の原点『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』4Kリマスター版で蘇る

ジョージ・A・ロメロ監督『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版』日本版ポスター(6月17日より全国順次公開)の画像

ジョージ・A・ロメロ監督『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版』日本版ポスター(6月17日より全国順次公開)

 2017年にこの世を去ったホラー映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督が1968年に友人らと生んだ長編デビュー作にして、現代のあらゆる「ゾンビもの」の原点・元祖『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968年)。その4Kデジタルレストア版が、6月17日よりシネマート新宿、立川シネマシティほか全国で順次公開される。日本版ポスターが解禁となった。

【画像】本国ポスターや場面写真

 世界中の名作をレストアしリリースしている米クライテリオン・コレクション社が、2016年にジョージ・A・ロメロ(原案・脚本・監督)&ジョン・A・ルッソ(共同脚本)らの監修により4Kデジタルレストア。サウンドトラックに関してもロメロ監督らの監修で新たに修復し、画も音も鮮明に、かつてない迫力でよみがえった。

 本作は、“人肉を喰らう”、“喰われた人間もゾンビ化する”、“倒す方法は脳を破壊するしかない”といった、いまなお量産されるゾンビ映画やテレビシリーズでも踏襲されている“ゾンビ”の定義を確立した作品。襲いかかってくるゾンビの群れから生き延びるために、親子、恋人同士といったさまざまな人間関係が自分の立場を優先した勝手な行動により破滅していく様、そして、恐ろしく皮肉なラストを含め、今の時代に観ても全く古さを感じさせない。最も多くの作品に影響を与えた映画史における歴史的重要作品だ。

 不穏ながらアート作品のように美しい日本版ポスターのデザインは、本作の象徴でもある《災いが忍び寄る家》を中心に、こちらに立ちはだかるゾンビたちの異様さを改めて際立たせたシンプルかつ恐ろしい、原点の持つ力を表現したもの。

 デザインを手掛けた塚本陽(つかもと・きよし)氏は「本国ポスターで印象的な色である『ホラー映画でグリーン』というのを基調として、この映画の硬質でザラついた質感をイメージして黒の下には銀色をあしらいました。遠方よりゆっくり迫り来る恐怖を感じていただくためにゾンビは引きで構成しています。不朽の名作に敬意を払って端正になるようシンプルな美しさを意識しました」と、コメントしている。

4K restoration (C) 2017 Image Ten, Inc. All rights reserved.“NIGHT OF THE LIVING DEAD was restored by the Museum of Modern Art and The Film Foundation, with funding provided by the George Lucas Family Foundation and the Celeste Bartos Preservation Fund.

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ