プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

吉高由里子「じわじわと実感しながらその日に向かっていきたい」大河ドラマ主演に意気込み

吉高由里子 (C)ORICON NewS inc.の画像

吉高由里子 (C)ORICON NewS inc.

 NHKは11日、2024年に放送予定の大河ドラマ(第63作)『光る君へ』の主演が俳優の吉高由里子に決定したことを発表した。吉高は同日、自身のツイッターで大役への意気込みをつづった。

【写真】笑顔の写真とともに大河ドラマへの思いをつづった吉高由里子

 吉高は「2024年大河ドラマ【光る君へ】主演させて頂くことになりました」と報告し、「今日まで実感なかったのですが こうして皆様にお伝えする日を迎えられて じわじわと実感しながらその日に向かっていきたいと思います」と心境をツイート。

 最後は「長い作品になりますが優しい眼差しで見守ってくだされば幸いです ありがとうございます」と呼びかけた。

 吉高は本作で『源氏物語』を書き上げた紫式部/まひろを演じ、脚本は大石静氏が務める。紫式部は、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。

 なお、吉高は2014年前期の連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの村岡花子を演じた。NHKの看板番組である「朝ドラ」ヒロイン&「大河ドラマ」主演を務める4人目となり、過去には松嶋菜々子、宮崎あおい、井上真央が両方の主演を務めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ