プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

のん、セリフなしの生徒役が役者の原点 怒られた過去明かす「お手洗いで泣くほど悔しくて」

役者の原点を振り返ったのん (C)ORICON NewS inc.の画像

役者の原点を振り返ったのん (C)ORICON NewS inc.

 俳優で「創作あーちすと」としても活動する、のん(28)が12日、自身が脚本・監督・主演を務めた映画『Ribbon』(劇場公開中&デジタル配信中)の特別上映会&トークイベントに登場。東京・女子美術大学付属高校で行われた同イベントには、女子高校生約200人が参加し、生徒から寄せられた質問に真摯(しんし)に答えた。

【全身ショット】二の腕あらわ!透け感ワンピで登場したのん

 本作は、多くの卒業式がなくなり青春を奪われていく学生たちの悲しみを目の当たりにしたのんが、脚本も自ら手がけ、鬱屈とした現状をのんらしい持ち前のパワーで痛快に打破していく“再生”の物語。コロナ禍により表現の術を奪われ、自分のやるべきことを見つけだせずに葛藤する美大生“いつか”をのんが演じる。

 生徒からモデルから女優になったきっかけを聞かれたのんは、「最初は『ニコラ』のモデルから始めて、そのときは雑誌に出ることだけが目標で、『ニコラ』に出ることしか考えてなかった。でも、事務所に入って活動を始めたときに演技のレッスンを見学したんです。その時は女優のお仕事が仕事になるってことを考えなかったんですけど、先輩の演技を目の当たりにしてすごく面白そうと思ったんです。ワクワクしました」と答えた。

 また「一番最初にお芝居のレッスンをしたときは、めちゃくちゃ楽しくて、気持ちいい感覚っていうのをその時感じました。自分の感情を役に落とし込んでいいシーンを作るのってこんなにすばらしいらしいことなんだと感じました」と最初のレッスン時の感情の高ぶりを明かした。

 しかし、最初に出演した作品では悔しい思いがあったそうで「セリフがない生徒役だったんですけど、後ろでほうきを持っているシーンで。その時監督に「それじゃ『家政婦は見た』みたいだろ!」ってめちゃくちゃ怒られて、そのあとお手洗いで泣いちゃうくらい悔しかったんです。その思いは今でも覚えています」と役者としての”原点”を振り返った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ