プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

磯村勇斗主演、映画『ビリーバーズ』予告編解禁 原作者・山本直樹からコメントも到着

映画『ビリーバーズ』7月8日より全国順次公開 (C)山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会の画像

映画『ビリーバーズ』7月8日より全国順次公開 (C)山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会

 俳優の磯村勇斗の映画初主演作となる『ビリーバーズ』(R-15、7月8日より全国順次公開)の予告編が解禁となった。カルト団体の主宰者役で出演する原作者・山本直樹の姿も見どころだ。

【動画】映画『ビリーバーズ』予告編

 本作は、カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹が「カルト」の世界に切り込み、人間の欲望をあぶり出した問題作を、『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』『女子高生に殺されたい』を手がけた城定秀夫監督が実写映画化。

 とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。ニコニコ人生センターという宗教的な団体に所属している3人は、オペレーター、副議長、議長と互いに呼び合い、無人島での共同生活を送っていた。俗世の汚れを浄化し”安住の地”へ出発するための修行なのだ。だが、そんな日々のほんの僅かなほころびから、3人は徐々に互いの本能と欲望を暴き出してゆき…。

 前半の長閑な孤島生活から一転、後半はカオスな世界に突入する本作の世界観を、曽我部恵一が作り出す不穏かつ繊細なサウンドトラックが盛り上げる。純粋な信仰心と抑えきれない欲望の間で揺れ動く登場人物たちが、極限状態で見つけ出す幸せとは?

 主人公・オペレーターを磯村。副議長役にオーディションから抜てきされた新進女優・ 北村優衣 。議長役を『罪の声』で第44回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞他複数の賞を受賞した 宇野祥平が演じる。

 ニコニコ人生センターの信者たちから「先生」として慕われるカルト団体の主宰者役で出演する原作者の山本は、「人生初弾着、初血糊という貴重な経験をさせていただきました。個人的にはこっ恥ずかしい限りですが、楽しんでいただけたら幸いです。原作者として自分が20数年前に書いたせりふを面白がり、感銘を受け、笑えたというのは、城定監督と役者陣の素晴らしさによるものなのでしょう」と、思い入れたっぷりにコメント。

 カルト団体「 ニコニコ人生センター」の主要人物・第三本部長を演じた毎熊克哉も「とんでもない問題作がこの世に! 生まれ出て。ほっぽり出されて。どうやって生きていこうかと路頭に迷い。何かを信じてしがみつき。騙されて。交差して。またひとりぼっち。でもまた信じたい。努力しなければ。僕は第三本部長という役を演じました。この映画には希望があるはず! お楽しみに」と、コメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ