プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“正義の警官”イ・スンギ、連続殺人鬼を追う 『マウス』台本読み合わせなどメイキング映像公開

『マウス~ある殺人者の系譜~』に出演するイ・スンギの画像

『マウス~ある殺人者の系譜~』に出演するイ・スンギ

 韓国歌手・俳優のイ・スンギが主演するサスペンスドラマ『マウス~ある殺人者の系譜~』のDVD-SET1がきょう11日にリリースされるのにあわせ、同作のメイキング映像が公開された。

【動画】台本の読み合わせ風景は必見!『マウス』メイキング映像

 イ・スンギは、『華麗なる遺産』をはじめ、『九家(クガ)の書~千年に一度の恋~』『花遊記<ファユギ>』『Vagabond/バガボンド』などのドラマや、歌手やバラエティーでもマルチな才能を発揮し、韓国で国民的な人気。今作では、映画『1987、ある闘いの真実』『KCIA 南山の部長たち』やドラマ『青い海の伝説』などの演技派イ・ヒジュンと初共演し、クライム・サスペンスに挑戦した。

 善良そのものの正義漢で誰からも愛される町の巡警チョン・バルム(イ・スンギ)と、両親を殺した殺人鬼に復讐するため刑事になった男コ・ムチ(イ・ヒジュン)がタッグを組み、サイコパスの中でわずか1%とされる凶悪な怪物“プレデター”の仕業とされる連続殺人事件を追いかけるが、ストーリーは想像もつかむ方向へ急変していく…。パク・ジュヒョン、キョン・スジン、クォン・ファウンらが共演した。

 『ブラック~恋する死神~』『神様がくれた14日間』などのチェ・ラン氏が脚本を手がけ、『ここに来て抱きしめて』などのチェ・ジュンベ監督が演出。tvN、OCNなどの放送局を擁するCJエンターテイメントの制作で、フランスの国際ドラマ祭「SERIES MANIA2021」では、欧米諸国作品が多数を占める中、韓国から唯一ノミネートを果たした。

 公開されたメイキング映像は、DVD-SET1に収録される特典映像「スペシャルメイキング PART1」の一部で、イ・スンギ、イ・ヒジュンらメインキャストのインタビューや、貴重な台本読み合わせ風景が披露された。イ・スンギは韓国語で“正しい”を意味するバルムの役名の通り、「正しく純粋で警官の鑑。いると助かる人物」だと笑顔で解説。また、イ・ヒジュンは「想像しがたい心の傷を抱えた人物。私に彼の心情を理解できるだろうか…」と難役への心境を明かす。

 イ・スンギは「犯罪スリラー好きの皆さんが、どう反応するか楽しみです。推理力を存分に発揮して、じっくり観てください」とアピール。U-NEXTで独占配信中で、DVD-BOX2は6月3日発売。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ