プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』韓国で制作報告会 ソン・ガンホ、カン・ドンウォンら登壇

是枝裕和監督の韓国映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)制作報告会に登壇した(左から)ソン・ガンホ、イ・ジュヨン、イ・ジウン(IU)、カン・ドンウォンの画像

是枝裕和監督の韓国映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)制作報告会に登壇した(左から)ソン・ガンホ、イ・ジュヨン、イ・ジウン(IU)、カン・ドンウォン

 是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』(6月24公開)の制作報告会イベントが10日、撮影が行われた韓国で開催された。主演のソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンらキャスト陣が登壇し、是枝監督は日本からリモート出演。翌週から開催される「第75回カンヌ国際映画祭」(17日~28日)にむけての意気込みを語った。

【画像】制作報告会の模様や登壇者のソロカット

 マスコミ陣から大きな拍手とフラッシュの嵐とともに出迎えられた面々。赤ちゃんポストに預けられた赤ん坊を連れ去るベイビー・ブローカーのサンヒョンを演じたソン・ガンホの「個人的に3年ぶりにこういう場で是枝監督の新作とともにごあいさつできるようになり、うれしいです。ありがとうございます」というあいさつに続き、サンヒョンの相棒であるドンスを演じたカン・ドンウォン、2人と共に旅をすることになった赤ん坊の母親ソヨンを演じるイ・ジウン(IU)、彼らを検挙しようと尾行を続ける刑事スジン(ペ・ドゥナ)の後輩、イ刑事を演じたイ・ジュヨンがあいさつ。その後、日本からリモートでイベントに参加した是枝監督もモニター越しに「長年の夢がかなって、映画が完成してこの日を迎えられたことをうれしく思います」と話した。

 「第75回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門への出品決定が決まったことについて是枝監督は「あの場所は何度行っても本当に緊張しますし、喜びでもありますし、この作品にとっては本当に最高のワールド・プレミアの場所に選んでいただいたなと思っています」と並々ならぬ思いを吐露。

 本作でカンヌ国際映画祭への参加が7回目となるソン・ガンホは「光栄なことにも、素晴らしい監督と役者さんたちのおかげで、このような結果になり、うれしいです。特に是枝監督の初めての韓国映画演出作ですし、こういう素晴らしい役者さんたちと一緒に行けるようになり、とてもうれしく思います」と、コメント。

 カンヌ国際映画祭への参加が初となるイ・ジウンは「私も本当に光栄に思います。コンペ部門に招待され、人生にこんな日が何度あるか分からないので、(向こうで)一生懸命学び、満喫してきたいです」、同じく初参加のイ・ジュヨンは「もしかしたら行けるのではないかと考えてはいましたが、実際に参加することができてうれしいです。先輩たちとジウンさん、監督と一緒にフランスの雰囲気を感じることができるだけでもワクワクしています」と、それぞれ語っていた。

 同映画は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く。

 本作の企画のはじまりについて是枝監督は「ペ・ドゥナさんは一度映画をご一緒させていただきましたし、ソン・ガンホさんとカン・ドンウォンさんは映画祭でお会いさせていただいたり、日本へ新作のPRイベントで来日された際に上映に花束を持って参加させていただいたり…というような交流をさせていただいておりまして、“いつか映画でご一緒しましょう”という漠然とした言葉を交わしていたんですが、2016年頃にふと思いついたプロットがありまして、これなら自分の頭の中にいる韓国の役者の方々と一緒に映画が作れるのではないかと…その思いつきがきっかけでした。神父の格好をしたソン・ガンホさんが赤ん坊を抱き上げて、すごくいい人に見えるんだけど実は……、そんなワンシーンを最初は思い浮かべていました」と、初期の貴重なプロットの内容とともに今作の企画に至るまでのエピソードを披露。

 続いて、作品の紹介を改めて問われ、「赤ちゃんポストというのは日本にも存在していて、前から関心を持っていたんですが。韓国にも同じようなものがあると聞きまして。そこに預けられた一人の赤ちゃんを巡って、そこに善意と悪意が絡まりながら、赤ん坊と一緒にいろんな思惑をもった人間たちが旅をしていく、そういう話にしたいと思って作った映画です」と説明した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ