プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ナンバMG5』第4話あらすじ 難破剛(間宮祥太朗)が“脱ヤンキー”決意した大きなきっかけ

『ナンバMG5』第4話場面カット(C)フジテレビの画像

『ナンバMG5』第4話場面カット(C)フジテレビ

 俳優・間宮祥太朗が主演を務める、フジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)の第4話が、きょう11日に放送される。

【別カット】制服姿がフレッシュ!『ナンバMG5』第4話に登場する間宮祥太朗&森川葵

 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。

 千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)のもとに、何者かにボコボコにされた仲間が駆け込んでくる。「市松の伍代ってヤツにやられた」と聞いた大丸は、市松高校の伍代直樹(神尾楓珠)に徹底的にやり返すことを誓う。そんな中、ヤンキーということを隠し通せなくなってきた難破剛(間宮)は悩んでいた。同級生の藤田深雪(森川葵)らに本当のことを明かすべきなのか。

 大丸は、伍代を見つけると袋だたきにしようとする。しかし伍代には、大丸の仲間を痛めつけたことなど身に覚えがなかった。一方、剛はたまたま街中でいじめられているある男子生徒を見つける。書店で無理やり万引きをさせられているその男子は見覚えがあった。彼を追いかけて「何か困っているのかな」と語りかける剛に「お前には関係ないだろう!」と突っぱねる男子生徒。でも剛は、どうしても放っておくわけにはいかなかった。彼こそ、剛が脱ヤンキーを決意する大きな理由となった存在だったのだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ