プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

東山紀之、天国の“橋田先生”に感謝「これからも逃げ出さずに頑張っていく」

“橋田先生”への感謝を語った東山紀之 (C)ORICON NewS inc.の画像

“橋田先生”への感謝を語った東山紀之 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の東山紀之が『第30回 橋田賞』を受賞し、10日に都内で行われた授賞式に出席。『御いのち』『源氏物語』など、多くの橋田作品に出演した東山は、受賞スピーチで「橋田先生にはさまざまな出会いを作ってもらいました。きょうお会いできないのが本当に残念です」と語った。

【集合ショット】吉沢亮、杉咲花、仲野太賀ら豪華受賞者が登場

 さらに『源氏物語』の撮影当時に思いを馳せ「脚本を初めて読んだときに『これはヤバいな』と。あまりの長セリフに逃げ出そうと思って、旅先まで考えていまいした。ただこれで逃げたらこっぴどく怒られるなと。その恐怖心で留まった次第であります(笑)」とほほ笑みながら回想。

 天国の橋田先生に向け「あのときに逃げ出さなかったのが、今ここに立てている証でもあります。今後もさまざまなことがあると思いますが、これからも逃げ出さずに頑張っていこうと思います」と決意新たに語っていた。

 1993年に創設された「橋田賞」は、日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成するもの。各テレビ局、モニター、橋田文化財団選考委員の推薦作品及び人を対象に検討を加え、受賞対象の絞込みを行い、以下のとおり橋田賞7件の候補を選出、その結果が3月28日にに開催された橋田文化財団理事会で報告・承認された。受賞者には、本賞の置時計と副賞として賞金100万円が贈られる。

【橋田賞】
●『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』(NHK)
芸人として活動する阿佐ヶ谷姉妹の何気ない日常を描いたホームドラマ。人とのつながりや温かさの大切さを押し付けることなく届けることができた。長く続くコロナ禍の中、たくさんの視聴者を励まし、癒し、温かさで包み込んだ。

●『日本沈没-希望のひと-』(TBS)
日本人の温かさを感じさせるドラマ。日曜劇場らしい手堅い俳優陣に「地球温暖化」など昨今のエッセンスを加え、見ごたえのある内容だった。49年前の原作をタイムリーな企画として蘇らせることに成功した。

●橋本裕志 (脚本家/はしもと・ひろし)
『エアガール』(テレビ朝日)、『日本沈没-希望のひと-』など、第一線で活躍する脚本家。『エアガール』では、日本がすべてを失った戦後、力強く立ち上がり、時代を切り開いた不屈の精神を感動をもって描き、『日本沈没』では大胆に原作を変更し、新鮮かつ見ごたえあるものにした。

●東山紀之 (俳優/ひがしやま・のりゆき)
『刑事7人』(テレビ朝日)、『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日)など、ドラマ・MCと長年にわたって幅広く活躍。橋田作品(『御いのち』『源氏物語』(TBS)など)の心の中のヒーローとしても活躍。

●中田喜子 (俳優/なかだ・よしこ)
『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)の5人姉妹のひとりとしておなじみ。『プレバト!!』(TBS)では俳句名人として脚光を浴びるなど、ドラマだけではなく、バラエティ・クイズでも長年にわたって幅広く活躍してきた。

●仲野太賀 (俳優/なかの・たいが)
『コントが始まる』(日本テレビ)、『#家族募集します』(TBS)などたくさんのドラマで活躍。コミカルな役からシリアスな役まで幅広い表現力を持つ存在感ある実力派俳優。

●井上貴博 (アナウンサー/いのうえ・たかひろ)
『Nスタ』(TBS)のキャスターとして、さわやかで知的でありながら、正直で熱い口調で切り込む姿にコロナ禍で不安が広がる中、多くの視聴者の共感を得た。

【橋田賞新人賞】
●杉咲花(俳優/すぎさき・はな)
『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ)において、盲学校高等部に通う視覚障害のある主人公の人生の迷い、恋や夢、友情を繊細かつ大胆に演じた力量は特筆に値する。また、『おちょやん』(NHK)では、大正から昭和の戦前、戦中、戦後の激動を生きる女性を演じ、その卓越した演技は、高い評価を得た。

●吉沢亮 (俳優/よしざわ・りょう)
大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)では、平凡な農家に生まれた渋沢栄一の青春時代から近代日本を代表する実業家になった壮年期、老年期まで、波乱万丈な生涯を清々しく自然体で演じきった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ