プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

寂聴さん秘書・瀬尾まなほ、別れから半年も「まだ受け入れられない」 ドキュメンタリー映画完成で「また会えたような気持ち」

寂聴さんを偲んだ瀬尾まなほ (C)ORICON NewS inc.の画像

寂聴さんを偲んだ瀬尾まなほ (C)ORICON NewS inc.

 2021年に亡くなった作家の瀬戸内寂聴さんの秘書・瀬尾まなほが10日、都内で行われた寂聴さんのドキュメンタリー映画『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』(27日公開)完成披露上映会に出席した。

【集合ショット】清水ミチコも登場した完成披露上映会の模様

 15日で満100歳を迎えるはずであった寂聴さんに、17年間密着し、撮影を続けた中村裕監督が映画化。2015年に放送された『NHK スペシャル「いのち 瀬戸内寂聴密着500日」』(ATP賞ドキュメンタリー部門最優秀賞受賞)のディレクターを務め、長年、寄り添い続けた監督だから描ける誰も知らない寂聴さんの金言の数々がスクリーンに映し出される。

 17年に及ぶ密着では、寂聴さんは日々の老いから、過去の不倫関係まで、日常的に中村監督と互いに報告し合い、まるで母親、先達、友人、あるいは恋人のような…形容しがたい関係性に。コロナ後も取材を続ける唯一無二の存在に語られる“本音”や“金言”の数々が満載の貴重なドキュメンタリー映画となっている。

 この日のイベントで、瀬尾は「何よりも瀬戸内が(同映画を)見られなかったのが残念ですが、たくさんの方々にいろいろな姿を見ていただけるのはありがたいことです。ぜひ、中村さんにご感想を伝えていただければ」としみじみ。「亡くなって半年が経ちますが、まだ受け入れられないところがあって。亡くなった直後、瀬戸内に関する映像が見られなかったのですが、映画を見た時に、すごくなつかしい気持ちがしたり、先生ってこうなんだよねっていう気持ちになり、また会えたような気持ちでした」とかみしめるように語った。

 中村監督は「自由奔放に生きてこられた面もありますが、すべて自分で落とし前をつけられた。出家をされてからは、僧侶として、全国の悲しみに打ちひしがれた方たちの前に立って、救い出してきた。本当にすごい人生だった」と寂聴さんの生涯を紹介。瀬尾は「自分のことより相手に尽くす。最期まで、その通りに生きていた」と笑顔で話し、寂聴さんを偲んでいた。

 上映会にはそのほか、清水ミチコも出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ