プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『SSFF&ASIA 2022』アニメーション部門審査員に真瀬樹里ら決定 米アカデミー賞推薦枠を獲得

『SSFF&ASIA 2022』アニメーション部門審査員を務める真瀬樹里の画像

『SSFF&ASIA 2022』アニメーション部門審査員を務める真瀬樹里

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』(SSFF&ASIA)のアニメーション部門の審査員を、ディレクター・脚本家の筧昌也氏、俳優の真瀬樹里、デジタルハリウッド大学学長で工学博士の杉山知之氏が務めることが発表された。

『物語』『SSFF&ASIA 2022』黒木瞳・玉城ティナ・前田敦子の監督作もノミネート

 今年、部門の名称を「CGアニメーション部門」から「アニメーション部門」へと変更し、CG、ストップモーション、手描きなどあらゆるジャンルのアニメーション作品を審査。また、同部門は新たに米国アカデミー賞推薦枠を獲得しており、優秀賞作品には次年度のオスカー獲得へのパスポートが授与される。

 世界62の国と地域から513作品が集まっており、6月20日のアワードセレモニーで優秀賞が発表される。東京会場での上映に先駆け、6月4日より配信がスタートするアニメーションプログラムでは、ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』)プロデュース作品『ヴァンダル』および、デジタルハリウッド主催、デジタルフロンティア グランプリ2022 「ベストアニメーション賞」受賞の『FRANK THE PIG』(監督:今福洋志)が特別上映作品として観賞できる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ