プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

アンミカ、「50歳の新人」念願のミュージカル出演 シンデレラを助ける魔法使い役

左から(上段)加藤梨里香、水嶋凜、大野拓朗、佐藤アツヒロ(中段)入野自由、ゆいP(おかずクラブ)、まりゑ、川原一馬(下段)和田泰右、彩吹真央、吉野圭吾、アンミカの画像

左から(上段)加藤梨里香、水嶋凜、大野拓朗、佐藤アツヒロ(中段)入野自由、ゆいP(おかずクラブ)、まりゑ、川原一馬(下段)和田泰右、彩吹真央、吉野圭吾、アンミカ

 17年ぶりの上演となるミュージカル『シンデレラストーリー』のオールキャストと配役、公演詳細が発表された。加藤梨里香と水嶋凜がダブルキャストで演じるシンデレラを助ける魔法使い役で、モデルとして世界的に活躍し、今回が初舞台出演となるアンミカが決定した。

【写真】朝ドラ『ちむどんどん』にも出演する水嶋凜

 アンミカは「お話をいただき、【念願だったミュージカル出演が50歳にして叶う!】と、二つ返事で有難くお受けいたしました! 光栄な気持ちと共に、全てが初体験になるため興奮してワクワクしております。50歳の新人ですが、皆さんと素晴らしいミュージカルをお届けできるよう精一杯努めさせていたきます! そして“シンデレラストーリー”での、新たなアンミカも楽しみにしていてください」。

 本作は、「シンデレラ」を子どもから大人まで楽しめるようにと鴻上尚史が書き下ろし、ファンタジーとしての物語の大筋は変えることなく、魔法が解けたのにどうしてガラスの靴だけはそのままだったのか、なぜ家事ばかりしていたシンデレラが華麗なダンスを踊れたのか、などリアルに考えたら避けては通れない問題に回答していく。

 2003年にシンデレラ役に新人・大塚千弘、王子役に井上芳雄のコンビで初演、その2年後に王子役が浦井健治に引き継がれ再演された。今回の王子・チャールズ役は大野拓朗が務める。

 廷臣・ピエール役は入野自由、王妃・ガードルート役に彩吹真央、王役に吉野圭吾、そして、シンデレラの継母・ベラドンナ役を佐藤アツヒロ。

 シンデレラの義姉・オードリー役に、おかずクラブのゆいPが9年ぶりのミュージカル出演。同じく義姉・ジェシカ役を、舞台や映画で俳優としての活躍と共に歌手としても活動するまりゑ、ミスターマウチュ役を川原一馬、ネズミのチュウ太郎をDIAMOND☆DOGSの和田泰右、チュウ1役でHomer、チュウ2役で夏目卓実が出演する。

■公演情報

東京:9月6日(火)~19日(月・祝) 日本青年館ホール
愛知:9月24日(土)~25日(日) 東海市芸術劇場 大ホール
福岡:10月1日(土)~2日(日) キャナルシティ劇場
大阪:10月7日(金)~10日(月・祝) 梅田芸術劇場 メインホール

作:鴻上尚史
音楽:武部聡志
作詞:斉藤由貴 
演出:ウォーリー木下

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ