プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

とろサーモン久保田、自身初個展で100万円の絵画を販売「前澤社長に来てほしい」

100万円絵画を販売した久保田かずのぶ(C)ORICON NewS inc.の画像

100万円絵画を販売した久保田かずのぶ(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶが10日、東京・渋谷モディで開催される個展『なぐりがき』お披露目会見に出席した。会見には、アーティストとしても知られるジミー大西、野性爆弾・くっきー!が駆けつけ、絵画談義を繰り広げた。

【写真】「1円のものから100万円まで」…作品について語った久保田かずのぶ

 久保田は、今年1月にインスタで突如絵画の写真をアップし「個展とかやってみようかな」と発言。その後も定期的に更新を続け、絵の制作に没頭。ついに自身初の絵画展が10日~16日まで開催される。個展では約50もの絵画を展示し、会場では原画作品を展示・販売し、作品をモチーフとしたグッズも販売する。

 久保田は、絵の値段について「1円のものから100万円の絵まである。売れるかどうかわからないんで、どうか前澤(友作)さんとかYouTuberのお金持ちの人にも来てほしいですね」と呼びかけた。

 100万円の絵は「解放の終戦」というタイトルで、久保田一番のお気に入り作品だそう。「今起こっているモメ事とか争いを風刺して描いた作品で、国旗の色を使用しています。絵は短冊になっていて日本からメッセージを送るという意味合いも込められています」と真剣な眼差しで語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ