プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

与田祐希“地上波連ドラ”初主演決定 役作りでガンプラ初挑戦「成長を見守って」

地上波連ドラで初主演を飾る与田祐希(C)「量産型リコ」製作委員会の画像

地上波連ドラで初主演を飾る与田祐希(C)「量産型リコ」製作委員会

 アイドルグループ・乃木坂46の与田祐希が、テレビ東京のドラマ『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』(6月30日スタート 毎週木曜 深0:30)で“地上波連ドラ初主演”を飾ることが決定した。

【写真】与田祐希がプラモの部品に!? メインビジュアル公開

 本作は、巷にいるごく普通の女子である主人公が、仕事にプライベートに自問自答しながら「プラモデル」というホビーとの出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記。「BANDAI SPIRITS」制作協力のもと、各話実在するさまざまなプラモデルが登場し、これまでにない“ホビー・ヒューマンドラマ”を描く。第1話には、ドラマタイトルにもちなんだ「量産型ザク」が登場する。

 与田が演じるのは、性格、容姿、好きなもの、センスや価値観などあらゆるものが平均的なタイプの人間・小向璃子(こむかい・りこ)。イベント企画会社に勤め、会社の中でも“のほほん部署”と言われているイベント3部に所属している璃子は、ある日同僚から言われた「量産型の人間」という言葉に自問自答してしまう。

 そんな時、ふと町で見つけた模型店が気になり入ってみると、“量産型”と書かれたアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ザク」に目が止まり、堅物店主に勧められるままに初めてのプラモデル作りに挑戦することに。璃子は徐々にプラモデルの魅力に惹かれ、それが自分自身を見つめ直すきっかけになっていく…。

<与田祐希のコメント>
今回演じさせていただく小向璃子は、情熱的に生きることよりも安定・平和を望み、特別な趣味や特技もないごく普通の、いわゆる量産型な女の子。私自身も共感できる部分が多く、これから璃子の人生を組み立てていく日々がとても楽しみです!

プラモデルはまだ先日少し教えて頂いたばかりで、璃子と同様一からのスタートですが、役とともに好きになっていけるような気がしています。ガンダムやプラモデルが好きな方にもぜひ成長を見守っていただけたらうれしいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ