プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

SKY-HI、盟友・山中拓也の前だと関西弁 公開ラジオ収録で和気あいあいトーク

公開ラジオ収録で和気あいあいとトークした(左から)SKY-HI、山中拓也 (C)ORICON NewS inc.の画像

公開ラジオ収録で和気あいあいとトークした(左から)SKY-HI、山中拓也 (C)ORICON NewS inc.

 J-WAVEの新ラジオ番組『DIVE TO THE NEW WORLD』のオンライン公開収録イベントが9日、都内で行われた。

【動画】即興ラップも披露!公開収録で仲良くトークをするSKY-HI&山中拓也

 同番組は、日本を超えて世界を舞台に活躍できる力を持った人々の情熱を発信。国内外で活躍する各界のゲストが週替わりで登場し、ゲストが成し遂げた偉業の数々や、その原動力にMCのSKY-HIが迫るというもの。今回のゲストはロックバンド「THE ORAL CIGARETTES」のボーカル・山中拓也で、盟友であり、ライブや楽曲でコラボレーションを重ねてきた2人のトークセッションが展開された。

 トークが盛り上がってカメラに目線を向けないSKY-HIをイジった山中。SKY-HIは「拓也が居るとですね、なぜか関西弁を使うことが強要されてしまう」とイジり返すと、「強要していないけどな!」とツッコミ。

 違う仕事にも影響が出ているそうで、SKY-HIは「雑誌の取材とかも、あがってきた(完成した)原稿の自分のところが、関西弁になっていたり…時を経て恥ずかしかったね。原稿チェックする時」と照れていた。

 これを受け山中は「俺は、(SKY-HIが)最近、関西弁にハマっているからどの雑誌でも関西弁を喋っていると思っていた」と話すと、SKY-HIは「違う、違う、違う! 拓也の時だけ」と“山中拓也”愛を伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ