プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

実写『ハガレン』エド&アルVSスカーの本編映像解禁 山田涼介「やっとみなさんにお届けできる」

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカ―』に出演する(左から)山田涼介、新田真剣佑(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会の画像

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカ―』に出演する(左から)山田涼介、新田真剣佑(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(5月20日/6月24日公開)。このほど、山田演じるエドとその弟のアル(水石亜飛夢)が、最強の復讐者である“傷の男”スカー(新田真剣佑)と対峙する本編映像が解禁した。

【動画】最強の復讐者・スカーVSエド&アル 迫力溢れる本編映像

 降りしきる雨の中、スカーと対峙することになる2人。スカーから「我は神の代行者として 裁きをくだす者なり」という言葉が発せられると共に、2人はスカーに向かっていくが、スカーの一撃で、アルの鎧の身体が破壊されてしまう。アルのピンチに怒りを爆発させるエドだったが、スカーの攻撃により、一瞬にして右腕の機械鎧(オートメイル)が粉砕されてしまう。

 かつて、イシュヴァールで起こった凄惨な内乱で、大切な兄を国家錬金術師に殺されたスカーによる復讐の対象となってしまったエド。失った身体を取り戻すために旅を続ける最中、出会ってしまった最強の復讐者・スカーを前に絶体絶命のピンチに陥った兄弟はどうなってしまうのか。完結編の物語はここから動き出す。

 山田は今回の完結編を「新キャストが加入してスケールアップした。ハガレンは最後まで描かないと良さが絶対に伝わらない。4年越しに作ることになり、やっとみなさんにお届けできる」と座長として、そして原作ファンとして大きな自信をのぞかせている。

 原作は2001年に月刊『少年ガンガン』(スクエア・エニックス)で連載がスタートし、全世界シリーズ累計8000万部を超える荒川氏による大人気漫画『鋼の錬金術師』。今作は2017年12月に公開され、興行収入約12億円の大ヒットを記録した『鋼の錬金術師』の続編であり、二部作で原作の最終話までを描き切る完結編となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ